生ずる

全て 動詞
3,510 の用例 (0.01 秒)
  • 眠っている場合に生ずることはこのように判明なものではないであろう。 三木清『省察』より引用
  • 自己がまず存在してもろもろの経験はその後に生ずるものと思っていた。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • そうした場合にはこれがかえって強い意志を生ぜしめるものとなるのだ。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』より引用
  • 普通に習慣は同じ行為を反覆することによって生ずると考えられている。 三木清『人生論ノート』より引用
  • 「神初め人を男と女とに造りたまい」しゆえに生ずる恋がありはせぬか。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • その時彼の眼と見られた物との間には、一種の無形の強い連鎖が生ずる。 豊島与志雄『蠱惑』より引用
  • また人口が減少しつつある場合には、これと反対の結果を生ずるであろう。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • 一時も早く計画を軌道にのせないと、どんな障碍しようがいが生ずるかわからない。 海音寺潮五郎『平将門 中巻』より引用
  • 普通に習慣は同じ行爲を反覆することによつて生ずると考へられてゐる。 三木清『人生論ノート』より引用
  • この世に存在する現象は、全てこの天によって生ぜしめられたものだ。 夢枕獏『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ三』より引用
  • ところでこの事実のみが経済的産業生産の事実を生ぜしめるのである。 ワルラス・マリー・エスプリ・レオン『純粋経済学要論』より引用
  • が、伸ばしたためにある効果が生ずることは、百も承知していたのだ。 芥川龍之介『舞踏会・蜜柑』より引用
  • かかる場合がしばしば生ずるものでないことは最も容易に認められるであろう。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • 然るに意識現象は単に生ずるのではなくして、意識されたる現象である。 西田幾多郎『善の研究』より引用
  • 右三ヵ条に言うところはみな、人民に独立の心なきより生ずる災害なり。 福沢諭吉『学問のすすめ』より引用
  • その相互の対象によつて初めて相互の価値が生ずるのであります。 石川三四郎『農民自治の理論と実際』より引用
  • 要するに、多くの個人の心の動きと行動とによつてそれが生ずるのである。 津田左右吉『歴史とは何か』より引用
  • そしてもし人口が減少しつつあるならば、この反対のことが生ずるであろう。 吉田秀夫『人口論』より引用
  • 理解の上に愛が生ずるのではなくて、愛の上にこそ理解が生まれるのですわね。 平林初之輔『オパール色の手紙』より引用
  • 麗しき木の緑の葉のごとく、あるものは落ち、あるものはふたたび生ず。 ヘッセ/高橋健二訳『車輪の下』より引用
  • 次へ »