生きる

全て 動詞
12,978 の用例 (0.02 秒)
  • 生きるといふことは必ずしも行ふといふことでなくともよいかも知れぬ。 坂口安吾『教祖の文学』より引用
  • 今この村に生きている者で、誰もこの時計が動くのを見た者がなかった。 海野十三『時計屋敷の秘密』より引用
  • どんな風に生きるのか、私はやっぱり黙っているのがいいのでしょうか。 久坂葉子『落ちてゆく世界』より引用
  • もし生きてゐられたら生きてゐてくれといふやうな考へ方を示してゐる。 折口信夫『真間・蘆屋の昔がたり』より引用
  • けれども死ぬか生きるかの場合たのみになるのは腕のたしかな医者です。 宮本百合子『今度の選挙と婦人』より引用
  • 熱心に、人間としての確信をもって生きる生きかたをしたいと思います。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 本当に生きる者にとっては、自分の生活はどこまでも自分のものである。 豊島与志雄『生活について』より引用
  • 何故ならば人間は幻覚によつてのみ本当に生きることが出来るのだから。 有島武郎『描かれた花』より引用
  • 鶴見はこの上とも生きて生きてゆかねばならぬと覚悟しているのである。 蒲原有明『夢は呼び交す』より引用
  • 男に真の愛情があれば、宝を損じても自分は確かに生きられるのである。 岡本綺堂『番町皿屋敷』より引用
  • きょうに生きるみんなのものであらせなければならないと思っている。 宮本百合子『「道標」を書き終えて』より引用
  • 生きているという場合は、つくる人が生きているということなのである。 北大路魯山人『三州仕立て小蕪汁』より引用
  • そして地球と一緒に、 太陽と一緒に、 いつまでも生きて行くだろう! 江森盛弥『赤兵の歌』より引用
  • 犬は二十年か二十五年になれば、もうそれ以上に生きて行く事は出来ない。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 東京にこんなことをやって生きている人間があろうとは俺は思わなかったよ。 有島武郎『星座』より引用
  • 雷は人間の死の原因になるよりももつとずつと多く生きる為めのもとになる。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 一生が五十年とすれば百年生きることだと立体的に考えることができます。 宮本百合子『婦人の創造力』より引用
  • 自分の今までは死の世界であつて生きる爲めに目を開いた世界でない。 福士幸次郎『太陽の子』より引用
  • それは人間になるはずのものでしたが、結局は三日生きただけでした。 チャペック・カレル『RUR』より引用
  • だが、これは二人の生きることの目的が違うのだから問題にはならぬ。 中島敦『悟浄歎異』より引用
  • 次へ »