生かす

全て 動詞
1,596 の用例 (0.02 秒)
  • 生かして置きたかったと云う心は誰の心にでも湧き立って居るのである。 宮本百合子『悲しめる心』より引用
  • 戦場で殺さずに、学問の場でその才能を生かさせてやりたかったと思う。 豊田穣『南十字星の戦場』より引用
  • 将来の日本画はこの装飾または想像の美術の上に生かされるべきである。 岸田劉生『想像と装飾の美』より引用
  • 今の先端医学では、人間の脳の活動を生かすも殺すも、簡単なことだよ。 南里征典『鎌倉誘惑夫人』より引用
  • 都市の機能そのものが人を生かすことができなくなっているかもしれない。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス05 エモーショナル・ハウル』より引用
  • 彼は前日の各瞬間をそれからそれへと思い生かして、その一日を送った。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • ここへはいったが最後、お前たちを生かすのも殺すのも、わしの自由だ。 海野十三『豆潜水艇の行方』より引用
  • 生かすも殺すも思うままに、死刑囚の生命を握っているのは国家である。 大塚公子『死刑執行人の苦悩』より引用
  • 思想は、そのような自然言語の潜在的可能性を十分に生かそうとします。 茂木健一郎『「脳」整理法』より引用
  • 今はこちらが知っていて相手が知らないことを、最大限に生かすときだ。 石田衣良『赤・黒(ルージュ・ノワール) 池袋ウエストゲートパーク外伝』より引用
  • 反逆者を殺すときまででいいから、おれの部下を生かしておきたいんだ。 ハーバート『デューン・砂の惑星3』より引用
  • 愛がまだぼくを生かしているのは、すすんでもう一度死ぬためなのです。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • 敵は彼を生かしておきたいが、ほかではいけなくてここでだけというのだ。 フレドリック・ブラウン『73光年の妖怪』より引用
  • 彼女はそれに期待して、わたしを生かさねばならないと考えたのだろうか。 松岡圭祐『千里眼 堕天使のメモリー』より引用
  • 現代の科学者は、大きな科学共同体の中で生かされているような面がある。
  • 作者は鉄道会社の元社員であり、その経験が本作の描写に生かされている。
  • 殺さないで生かされた登場人物が、今度は他人を殺すこととなるのである。 シムノン/宗左近訳『男の首』より引用
  • この男を生かしておくことは大きな災厄さいやくを招くことになるかもしれない。 水野良『ロードス島戦記 2 炎の魔神』より引用
  • 生かすというのは劣化させるって事だから、こればかりは仕方あるまい。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • 生かしておいては我より先に千頭家の秘密の財宝を見破る怖れが充分だ。 坂口安吾『明治開化 安吾捕物』より引用
  • 次へ »