生えている雑草

17 の例文 (0.00 秒)
  • 金網の下に生えている雑草には霜が降りており、色がくすんで見えた。 ...
  • コンクリートにへばりつくようにしてえている雑草のれをかき分ける。 ...
  • つまりせっせとメロンのつるの間に生えている雑草を栽培したのだ。 ...
  • そう、二ノ宮峻護なんて廃屋はいおくの屋根にえている雑草ざっそうほどにも価値かちのない男なのだから。 ...
  • よく見ると手元に置いてあるのは植物辞典で、どうやら坂のわきえている雑草の名前を調しらべているらしい。 ...
  • 何をしているかと思えば、あろえは道路沿いにえている雑草と図鑑を熱心に見比べている。 ...
  • それに、庭に生えている雑草は、身を隠すのに好都合である。 ...
  • 光は長屋門にも庭の片隅に這うように生えている雑草にも均しく降り注ぎ、すべてが恩寵おんちようとともにそこに存在しているようにみえた。 ...
  • ぽつぽつと生えている雑草を、三人は踏みしめてゆく。 ...
  • 左右からおおいかぶさるように生えている雑草をかきわけて、五、六分急な坂を下ると、やっと道らしいところにいきついた。 ...
  • ジレルはあたりに生えている雑草をひとつかみ集め、とびちったいまわしいものを足からぬぐった。 ...
  • 窓ぎわに生えている雑草が、夜中にきまって窓硝子をたたいた。 ...
  • でも、そこは、港の釣り場へと続く道の上で、あたりにあるのは、せいぜいがコンクリートで舗装ほそうされた地面と、その隙間から生えている雑草だけ。 ...
  • 寧子やすこは、昼食後、庭番夫婦に鉢の植替えや株分けをさせ、自分はピンセットで根ぎわに生えている雑草を一本一本、丹念に抜き取っていた。 ...
  • 「ちょっと待て」 小春丸は立ちあがると、垣のそばに生えている雑草をよりわけ、なにかをんで、もどってきた。 ...
  • 戦火と熱帯気候のせいで傷みの激しいフエ王宮の城址を散策しているとき、クインフォアさんは道端に生えている雑草に目を落としながら、ときおり少女時代の忘れ物でも見つけたかのように駆け寄っていた。 ...