生あたたかい雨

5 の用例 (0.00 秒)
  • 二階の足場に立つと、汗と埃にまみれた腕に、生あたたかい雨が当たった。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • 日本ではまだ、生あたたかい雨が降ったりやんだりしている季節だが、ここはいつでも夏だ。 梅田みか『別れの十二か月』より引用
  • とうのステッキをついて歩道に降り立った宗右衛門の肩に生あたたかい雨が強く当った。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 1) 定吉七は丁稚の番号』より引用
  • 霜月だというのに一日の夜明けから、生あたたかい雨が降り始め、気味の悪い南風は、葉が落ちて裸になった中之島公園の立ち木をたたき、京阪線の地下駅から勤め先に出ていく人々の顔を新世界裏のオカマのようにで回していくのだった。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 1) 定吉七は丁稚の番号』より引用
  • 生あたたかい雨の降る日だった。 石田衣良『電子の星 池袋ウエストゲートパーク4』より引用