生あたたかい夜気

3 の用例 (0.00 秒)
  • 雨戸をあけ放してある廊下を歩いて行くと、外によどんでいる生あたたかい夜気が、文四郎の顔にかぶさって来た。 藤沢周平『蝉しぐれ』より引用
  • なまあたたかい夜気が部屋の内にたちこめてい、駒をうごかしているうち、波切八郎の額へ、ねっとりと汗が浮いてきた。 池波正太郎『剣客商売 17 番外編 黒白 上』より引用
  • 生あたたかい夜気が身体をつつんで来た。 藤沢周平『蝉しぐれ』より引用