生々しい

全て 形容詞
1,386 の用例 (0.02 秒)
  • 屋敷やしきの中が緊張きんちょうしていることは、電話しにも生々なまなましく感じられた。 乙一『失踪HOLIDAY』より引用
  • 肌に浸みる冬の感覚ももはや生々なまなましく記憶の上に再現することが不可能だ。 中島敦『環礁』より引用
  • 掌の傷はえて強くなっても、心の傷はいつまでも生々しく口を開いていた。 新堂冬樹『ブルーバレンタイン』より引用
  • そして文子の肉体を最も婬らな生々しさで意識せずにゐられなかつた。 坂口安吾『吹雪物語』より引用
  • 妙に生々しくて、しかも、そのひびきには、何か金属的なものがあった。 クイーン/石川年訳『シャム双子殺人事件』より引用
  • はじめて彼が求めてきたときの感覚もまた、生々しいものであった。 菊地秀行『妖戦地帯1 淫鬼篇』より引用
  • しかし、女たちは彼が背負って来た生々しい肉のことをいい立てます。 吉田甲子太郎『負けない少年』より引用
  • そこまで考えたとき、僕の脳裏に新聞の生々しい一面が広がってくる。 渡辺淳一『シャトウ ルージュ』より引用
  • 花というものに生々しい感情の存在を覚えたのは、和也ははじめてだった。 吉村達也『ついてくる』より引用
  • その夜、中央放送でおこった出来事を生々しく語ることは私にはできない。 小林信彦『怪物がめざめる夜』より引用
  • 肌に浸みる冬の感覺も最早生々なまなましく記憶の上に再現することが不可能だ。 中島敦『環礁』より引用
  • 深くえぐれた傷のように、その疑問が痛く、生々しく胸に迫ってくるのだ。 山田正紀『闇の太守』より引用
  • そこで顔を合わせてから、昭子がはじめて見せた、生々しい表情だった。 勝目梓『媚薬』より引用
  • 実際、そこまで生々しい話をしたのかどうか、今となっては定かではない。 篠田節子『美神解体』より引用
  • Oと同じようにその娘の尻にも、乗馬鞭の生々しい痕が横に走っていた。 レアージュ/鈴木豊訳『O嬢の物語』より引用
  • セックスは底なしの生産性が人間に生々しく表れた一つの状態でしょう。 酒見賢一『語り手の事情』より引用
  • そして自分の生命力を自分の掌に生々しく握りしめたいと思ふのだ。 坂口安吾『吹雪物語』より引用
  • リストに現れた作業時刻の表示が、その事実を生々しく伝えている。 幸田真音『傷 邦銀崩壊(下)』より引用
  • ドアが少し開いたままで、蝶番ちょうつがいのあたりの板が、生々しくはじけていた。 クイーン/石川年訳『スペイン岬の裸死事件』より引用
  • あの人から受けた頬の痛みはまだ焼けつくように生々しく記憶の中に残っていた。 遠藤周作『月光のドミナ』より引用
  • 次へ »