生々しい記憶

30 の用例 (0.00 秒)
  • 肌に浸みる冬の感覚ももはや生々なまなましく記憶の上に再現することが不可能だ。 中島敦『環礁』より引用
  • 肌に浸みる冬の感覺も最早生々なまなましく記憶の上に再現することが不可能だ。 中島敦『環礁』より引用
  • あの人から受けた頬の痛みはまだ焼けつくように生々しく記憶の中に残っていた。 遠藤周作『月光のドミナ』より引用
  • あのときの衝撃はまだ生々しい記憶となって残っている。 中野順一『セカンド・サイト』より引用
  • そんな収容所のありさまが、今しがたまでそこにいたかのように生々しく記憶に甦った。 イネス/池央耿訳『ベルリン空輸回廊』より引用
  • あのときと同じ場所に立ち、同じものを見ても、生々しい記憶や感情が蘇ることはなかった。 宮部みゆき『名もなき毒』より引用
  • それはユーリが生まれるより何年も前の話だが、忘れ去られるにはまだ生々しい記憶であった。 富永浩史『スフィア ―哀しみの青想圏―』より引用
  • 服役中は、女をいたぶり死に至らしめた時の生々しい記憶が佐竹をさいなんだ。 桐野夏生『OUT(上)』より引用
  • 指先には秋山の血が付着しており、彼の骨が破壊される感触を生々なまなましく記憶しておりました。 乙一『天帝妖狐』より引用
  • 東の 野に炎の 立つ見えて 更に四五天安門事件の写真と数年前の六四天安門事件のテレビの画像の生々しい記憶も蘇える。
  • すなわち古代最大の内乱、壬申じんしんの乱であり、当時の人々には充分に生々しい記憶であったろう。 阿刀田高『楽しい古事記』より引用
  • 政府はアラウコ戦争の生々しい記憶が残っていたため18世紀後半から始まった平和的関係を維持しようとしていたが、陸軍はマプチェ族制圧のための軍事力を早々に用意していた。
  • 将来の自分の運命についての取りとめもない空想は、ヴェリエールで過ごして来たばかりの二十四時間の今なお生々しい記憶を消すことはできなかった。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(下)』より引用
  • ああ、酒のせいで貧血起こしたみたいに、生々しい記憶がいっきに僕の神経を尖らせる。 五百香ノエル『骸谷温泉殺人事件』より引用
  • 仮に、出ている役者が皆死んでしまっている映画があるとすると、それがどんなに「名画」であるにせよ私たちの見るのは、映画というよりも、映画の生々しい記憶というようなものになっているのではあるまいか。 芥川比呂志『決められた以外のせりふ』より引用
  • 懐かしい、と思うにはまだ日が浅いのと、身体があのつらさをまだ生々しく記憶しているので、そんな気分にならない。 横尾忠則『わが坐禅修行記』より引用
  • 彼女たちはファットマンにより殺され焼かれた負傷者たちの、川棚でのありさまを、生々しい記憶として持ち続けている。
  • 残念なことに、時がつにつれてその生々しい記憶は薄れつつあるが、歴史は残りつづける。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース4』より引用
  • 問われるままに自分がかつて第一線の海軍士官であったことを告白しても、われわれがあれ程激しく戦った生々しい記憶を、決して呼びさますことがないように、彼らの微笑と寛容は躾けられている。 吉田満『戦中派の死生観』より引用
  • 男が自分の鼻の頭をなでた時に見せた、左手の小指の先の欠損だけが、生々しい記憶として、ちらちらしていた。 車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』より引用
  • 次へ »