生々しい現実

34 の用例 (0.00 秒)
  • 今度は、生々なまなましい現実の恐怖を味わねばならなかったのである。 小栗虫太郎『人魚謎お岩殺し』より引用
  • 外の生々しい現実感に比べて、廊下の中の空気は悲しいほど衰弱してしまっている。 奈須きのこ『月姫 温かな午睡(秋葉・トゥルーエンド)』より引用
  • 血を見て、集まった人びとは、はじめて生々しい現実を確かめたのであった。 松本清張『球形の荒野 新装版(下)』より引用
  • しかしその記憶には、生々しい現実感が伴っていた。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • でもそれは、そこに立つ者にとって、あまりに生々なまなましい現実の痛みをともなうものだ。 流星香『プラパ・ゼータ 5 闇色の魔道士』より引用
  • しかし、科学的な根拠をもってこう言いきられると、恐怖も生々しい現実となって身にしみた。 高木彬光『検事 霧島三郎』より引用
  • そしてこの別の世界は、ぼくがふだん知覚している現実感をさらに凌駕りようがする生々しい現実であったことも事実だった。 横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』より引用
  • それはあまりにも生々しい現実だった。 G・O・スミス『ブレーン・マシーン』より引用
  • 兵士として国中を回ったことで、シケイロスはメキシコ文明を、そして労働や田舎の貧困の日々の戦いという生々しい現実を知った。
  • 戦争経験はまだ生々しい現実だった。 ドウス昌代『東京ローズ』より引用
  • 災害復旧という生々しい現実のなかで、伊藤はさまざまな財政支援や補助金制度を活用することによって村をつくりかえていく手法を学んだ。 吉岡忍『奇跡を起こした村のはなし』より引用
  • しかし、それにしても、この世界は、わたしがこれまで忍び入ったどんな依頼人の宇宙よりも、妙に生々しい現実感によって支配されていた。 川又千秋『狂走団』より引用
  • 錯覚ではないかと、何度も眼をこすり直したが、しかしその写真の上にあらわれた幽霊の顔は、あまりにも生々しい現実であった。 高木彬光『わが一高時代の犯罪』より引用
  • その作品の世界の中に、人々の生々しい現実を広く複雑に負うているという意味で、しかも個々の現象が模写されているというのではなくて、それらの現象を通じて生きる人の姿が動いているという意味で、今日現実に堪える作品がつくられてゆくことは容易な業でない。 宮本百合子『日本の河童』より引用
  • 女性の作家たちは生々しい現実に下手に煩わされていないための怪我の功名が、現在の活溌な様相だとあれば、彼女たちの小説の評価はどうなるか、と。 宮本百合子『婦人と文学』より引用
  • だがそう云っただけでは、夫が陶工や漆工の生産力を消費する生産機構からの所産であるという生々しい現実は、一向理解出来ない。 戸坂潤『認識論とは何か』より引用
  • ジャムとの戦いは、作家にとっては書くことの、読者にとっては読むことの、そしてすべての人間にとって、いまここで生きていることそのものの、生々しい現実にほかならない。 神林長平『戦闘妖精・雪風(改)』より引用
  • それでいて、虚が虚のまま実に反転したような、生々しい現実感が喰い込んで来た。 車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』より引用
  • また総じて不純な要素のない愛という点では、「純愛」は身体や社会と、つまり生々しい現実の生活とはあまりなじみのよくないものだとも感じられる。 呉善花『恋のすれちがい』より引用
  • だけどもし天野先輩の写真を見てしまったら、彼女はわたしの中で生々しい現実になって、わたしに平手打ちをくらわした琴吹先輩のように、わたしも天野先輩を打ちのめしたくなるほど嫉妬しっとしてしまうような気がしたのだ。 野村美月『文学少女シリーズ10 “文学少女”見習いの、初戀。』より引用
  • 次へ »