生々しい感触

9 の用例 (0.00 秒)
  • 生々しい感触はなくなったかわりに、指先は舌や唇よりもかえって自在に動く。 月村奎『レジーデージー』より引用
  • なぜそう思うのかは説明できなかったが、両手に甦った生々しい感触とともに、そう確信していた。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 慶子に見立ててキスをしたクッションが、変に生々しい感触かんしよくを口に伝えてきたのだ。 鎌田敏夫『恋しても』より引用
  • 木綿もめんのさっぱりした感触がしただけで、さきほどの生々しい感触なんかまったくなかった。 鎌田敏夫『恋しても』より引用
  • そんなものが、いきなり生々しい感触となってよみがえった。 篠田節子『カノン』より引用
  • 接吻の生々しい感触と、それにもまして抱きしめて眠ったあたたかさがよみがえって来たのは、あまりの神戸駅の寒さのせいであったかもしれない。 阿久悠『続・瀬戸内少年野球団紅顔期』より引用
  • 生々しい感触に瑞穂は戸惑い、椅子から立ち上がって部屋から飛び出したくなるのを辛うじてこらえていた。 篠田節子『カノン』より引用
  • 標準的なゾーンの肉体密度を再現したもので、ブレードでりつければ生々しい感触を返してくる。 大迫純一『ゾアハンター 03 復讐のエムブリオ』より引用
  • 妙に重たく生々しい感触かんしょくに、一弥は悲鳴を上げた。 桜庭一樹『GOSICK 第3巻』より引用