生々しい恐怖

6 の用例 (0.00 秒)
  • 自分の住まいの側までいじめが迫ってきたのは生々しい恐怖だった。 長嶋有『猛スピードで母は』より引用
  • ご存知のように、現地人たちもあの病気には生々しい恐怖を抱いているんですね。 モーム/龍口直太郎訳『月と六ペンス』より引用
  • 視線が合うと、目には生々しい恐怖の色がある。 飛鳥部勝則『バベル消滅』より引用
  • 昨日まで彼がこの瞬間に期待していたものは、もっと生々しい恐怖、心の痛み、烈しい自責だった。 遠藤周作『海と毒薬』より引用
  • 今年の夏、私たちは打ちそろってトランシルヴァニアに旅行をし、われわれにとっては今もむかしも生々しい恐怖の記憶が残っている、あのなつかしい土地を一回りしてきた。 ストーカー/平井呈一訳『吸血鬼ドラキュラ』より引用
  • その点、女の生き方に中庸の徳を教えながら、作者は皮肉にも、藤壺の中宮や六条の御息所のようなこの上なく高貴で優雅なるべき女性の心に、無惨な傷を与えることによって、ゆるやかな静かな時の流れを基調とするこの長篇に、鋭い痛みや生々しい恐怖をきざみこんだ。 円地文子『源氏物語私見』より引用