生々しい実感

14 の用例 (0.00 秒)
  • この調子では、自分はいつ殺されるかもしれないという考えが、生々しい実感となったのだ。 高木彬光『検事 霧島三郎』より引用
  • あれを思いつき、彼女に明かして教えようとした時のほうが、やろうとしていることに生々しい実感があった。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • 自分までその組織に吸いよせられるであろう程、この日本の中に大衆の力はもり上っているのだという生々しい実感が、ミサ子を腹の底から揺るのであった。 宮本百合子『舗道』より引用
  • フランソワの胸中で依頼人を括る認識が、無機質な観念から生々しい実感へと変化していた。 佐藤賢一『王妃の離婚』より引用
  • もちろん、いまとなっては、この女を失ったことを後悔するような気持はないが、私生活の面では、慎重のうえにも慎重を期さねばならない検事の生活に、いつも疑問を抱いていたのが、このひとことでまた生々しい実感となって、心に迫ってきたのだった。 高木彬光『検事 霧島三郎』より引用
  • 寒さで色を失ったくちびるは、石に刻みつけられたように完璧かんぺきな形を保っていたが、物を食べたり、しゃべったりする器官としての生々しい実感を失っている。 篠田節子『美神解体』より引用
  • 添田は、その事件のあらましを新聞記事で知っていたが、事実、現場に居合わせた久美子の話は、記事などよりもずっと生々しい実感があった。 松本清張『球形の荒野 新装版(下)』より引用
  • 医者が病原菌を顕微鏡でのぞくような感じで接していた〝死体〟という言葉が、今度は急に生々しい実感となって肌身にせまってきた。 高木彬光『検事 霧島三郎』より引用
  • 殯のそういった言葉がにわかに生々しい実感をともなって、疾風の胸に迫ってきた。 山田正紀『闇の太守 御贄衆の巻』より引用
  • 戦争中、まだ子供のころ、むかしかたぎの父親からたたきこまれた〝倒れて後やむ〟という言葉が、急に生々しい実感を伴って頭に浮かんできた。 高木彬光『検事 霧島三郎』より引用
  • この文章は短いものだが、当時最前線に参加した人の生々しい実感として、「リリー・マルレーン」の歌のもつ意味を、巧まずに伝えているように思えた。 鈴木明『リリー・マルレーンを聴いたことがありますか』より引用
  • 遠い追想が生々しい実感に変わり、イコは目を閉じた。 宮部みゆき『ICO 霧の城』より引用
  • 生々しい実感が幻想的な追憶のもやによって包装されている。 森村誠一『生前情交痕跡あり』より引用
  • おそらくこの公示は、各地に建てられたものだろうが、朝夕、金剛山をすぐ目の前にしている河内石川、錦織にしごり、三日市あたりの住民には、いちばい生々しい実感が持たれたにちがいない。 吉川英治『私本太平記』より引用