生々しい匂い

43 の用例 (0.01 秒)
  • 彼女が高ぶっている時に漂ってくる甘さの濃い生々しい匂いに包まれた。 神崎京介『密室事情』より引用
  • スカートの奥から湧きあがってくる生々しい匂いとは違うものだ。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 割れ目から生々しい匂いが湧きあがっていて、鼻先だけでなく頭全体が包まれる。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 正面にすわっている時には気づかなかったけれど、隣に腰を下ろした彼女の全身からは、甘さの濃い生々しい匂いが放たれていた。 神崎京介『禁忌』より引用
  • ワンピースの胸元の隙間から、女性特有の生々しい匂いが立ち昇ってくる。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 同時に、鼻をつくほどまでに濃度を増した生々しい匂いがふたりの陰部から湧きあがった。 神崎京介『禁忌』より引用
  • そこは湿り気を帯びていて、熟成された女だけが放つ生々しい匂いが湧きあがってきている。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 汗ばんだ肌からは、女性が性的に興奮した時に漂う独特の生々しい匂いが立ち昇ってくる。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 陰部に溜まっていた甘さの濃い生々しい匂いが湧き上がるようにして拡がる。 神崎京介『密室事情』より引用
  • 火照ほてりも強くなり、めくれたスカートから生々しい匂いが漂ってくる。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 換気はいているけれども、生々しい匂いを消すことはできない。 樹生かなめ『~ラベンダー書院物語~ その男、熱愛中につき』より引用
  • 袋の口から生々しい匂いが洩れてくる。 菊地秀行『吸血鬼ハンター08 D-薔薇姫』より引用
  • しかし、重いと感じたのは一瞬で、生々しい匂いといった方が正確なその感触に、若いギュネイは嫌悪感を抱いた。 富野由悠季『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より引用
  • 生々しい匂いとともに、湿り気の強いねっとりとした空気が布団の中から吐き出されてくる。 神崎京介『密室事情』より引用
  • やがて、暗い木陰に生々しい匂いと、低い呻き声がこもり始めた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター03 D-妖殺行』より引用
  • 流氓やクズどもはもっと生々しい匂いを発散させてる。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • 割れ目から生々しい匂いが湧きあがっていて、それがクロスに覆われたテーブルの下全体に拡がっている。 神崎京介『禁忌』より引用
  • スカートの奥から生々しい匂いが湧き上がってくる。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 覚えのある生々しい匂いも漂っている。 樹生かなめ『~ラベンダー書院物語~ その男、熱愛中につき』より引用
  • めくれ返っている肉襞がうねり、甘さの濃い生々しい匂いが鼻腔びこうに入り込んだ。 神崎京介『密室事情』より引用
  • 次へ »

生々しい匂い の使われ方