甚だ多い

101 の用例 (0.00 秒)
  • また東京の様な入り込みの地方では、既に忘れられているものが甚だ多い。 喜田貞吉『エタ源流考』より引用
  • この問題の解釈については従来哲学者の貢献も甚だ多いのである。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 現代に於ては、本も甚だ多衆的なアンチームな姿を以て世紀を縦断している。 恩地孝四郎『書籍の風俗』より引用
  • 歴史的事件についても、人物伝にしても、未発表な分野が甚だ多い。 桑田忠親『戦国史疑』より引用
  • 「力」といふ事の解釈が極めて通俗的で表面的であるのが甚だ多い。 岸田劉生『美術上の婦人』より引用
  • 一読して、李竜将は彼の得た知識と見解に、教えられることがはなはだ多かった。 山田風太郎『忍法破倭兵状』より引用
  • 特に城郭建築の時に、人柱が埋められたという伝説が伝わる城は甚だ多い。
  • 呉に対し武威を示したため、呉から降伏してくる者が甚だ多かった。
  • 彼のおかげで逃れることの出来た者は甚だ多かったという。
  • そして国内をも一種の植民地のように心得ている「日本人」も今日では甚だ多いのだ。 戸坂潤『日本の民衆と「日本的なるもの」』より引用
  • この道理は歴史の上にも現われて、成る程と思わせられる事が甚だ多いのであります。 夢野久作『鼻の表現』より引用
  • 東北地方ではハヤの名でも呼ばれ、方言の甚だ多いコイ科の魚です。 平野雅章『たべもの歳時記』より引用
  • モラルのハッキリした文学で風俗物にならないものは勿論甚だ多い。 戸坂潤『思想と風俗』より引用
  • 既に起稿して筐底に蔵した原稿もあれば、将来ますます研究を重ねて発表してみたいものも甚だ多い。 喜田貞吉『編輯雑感』より引用
  • これは時の歴史學に大影響を與へ、この後に通鑑の體によつて書かれた歴史が甚だ多い。 内藤湖南『支那史学史概要』より引用
  • 少なくも優れた科学者が方則を発見したりする場合には直感の力を借りる事は甚だ多い。 寺田寅彦『漫画と科学』より引用
  • すべてふる神社じんじや祭神さいじん不明ふめいになるのは、右様みぎやう理由りいうるものがはなはおほいやうである。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 44 20080623』より引用
  • さらに315年2月にも玄菟城を攻め、殺したり捕虜にしたりした人数が甚だ多かったという。
  • 実際特殊部落民中には、もはや改善救済の要のないのが甚だ多い。 喜田貞吉『特殊部落ということについて』より引用
  • 各大学、専門学校から中学校までの空軍志願者は東大の九割等をはじめ、甚だ多いという。 伊藤整『太平洋戦争日記(二)』より引用
  • 次へ »

甚だ多い の使われ方