甚だしい

全て 形容詞
769 の用例 (0.01 秒)
  • 甚だしい場合になると道学者のお説教にしかならないものと考えている。 戸坂潤『思想と風俗』より引用
  • そのいちばん甚だしいのが、建築及びその集合体たる都市のチャチ性だ。 山田風太郎『死言状』より引用
  • 科学の進歩に伴う研究領域の専門的分化は次第に甚だしくなる一方である。 寺田寅彦『学位について』より引用
  • おそらく今度と同じか、むしろもっと甚だしい災害に襲われそうである。 寺田寅彦『鑢屑』より引用
  • 毀誉褒貶きよほうへんはだれにもあることだが、これほどそれが甚だしい人も珍しい。 山田風太郎『エドの舞踏会 山田風太郎明治小説全集8』より引用
  • 特に徳川幕府の圧制した江戸時代で、一層これが甚だしく固陋ころうとなった。 萩原朔太郎『郷愁の詩人 与謝蕪村』より引用
  • わたしのような地位にある男にとっては信用にかかわること甚だしい。 クリスティ/赤冬子訳『茶色の服を着た男』より引用
  • なるほどこれは男性の平均程度に比べても一層甚だしいであろう。 与謝野晶子『婦人改造の基礎的考察』より引用
  • ただ自分のからだを大切にしすぎるやうなところが田舎へきてから甚だしくなつた。 室生犀星『故郷を辞す』より引用
  • さうして、これら三兄弟の性格の関係自体がまた甚だしく日本的だ。 坂口安吾『長篇小説時評』より引用
  • けれども黙っていたお重には、それがはなはだしい不愉快を与えたらしかった。 夏目漱石『行人』より引用
  • しかしその気弱な性格も、様々な経験をすることで甚だしく成長していく。
  • 即ち恐怖のときには心臓の鼓動が遅くなりはなはだしい時には停止します。 小酒井不木『人工心臓』より引用
  • 駅の附近がはなはだしく陥没して、駅の建物は完膚ないまでに崩壊している。 北杜夫『楡家の人びと (上)』より引用
  • それから国民の政党政治的関心は反議会的態度によって甚だしく挑発された。 戸坂潤『近衛内閣の常識性』より引用
  • それは甚だしく大きく豪華であり、金塗りの大きな部屋がいくつもある。 山田風太郎『忍法流水抄』より引用
  • わが愛するものを奪われたということははなはだしくその心を暗くした。 田山花袋『蒲団』より引用
  • 大の月を四カ月連続させたり、甚だしい時は閏月うるうづきを加えて大調整を施した。 高橋克彦『春信殺人事件』より引用
  • 本によって一巻・二巻・三巻・七巻の違いがあり、本文の異同も甚だしい。
  • 少ないのはいいが、それを心得ずして俳優を志すことは無謀も甚だしい。 岸田国士『対話させる術』より引用
  • 次へ »