甘辛い味付け

9 の用例 (0.00 秒)
  • 神戸市の長田区周辺では甘辛く味付けして煮込んだものをぼっかけと称している。
  • 体裁は中にピーナツが入っていて周りを醤油ベースのピリ甘辛い味付けでコーティングしたもので、明治期からあったともいわれる。
  • ナッツ類に鹿児島の甘口醤油をベースのピリ甘辛い味付けの衣がコーティングされたもので味付け等は同じ。
  • 江戸前のふぐ鍋では、割り下に大量の醤油と砂糖を用いた、非常に甘辛い味付けも好まれた。
  • もつ煮込ではなく、甘辛く味付けし照りが出るまで煮詰めたものであり、「B級ご当地グルメ」のひとつに分類されている。
  • 西日本では主に牛スジ肉とこんにゃくを煮込み砂糖・醤油で甘辛く味付けして利用しており、これを特にすじこん・ぼっかけ・ころ等と呼び、そのままないしはお好み焼き・ねぎ焼き・焼きそば・うどん・ラジオ焼き・カレーなどの具材になっている。
  • 茹でキャベツや油揚げと、甘辛く味付けされた肉には馬肉を用いることが多く、トッピングにきんぴらごぼうを入れることもある。
  • 甘辛い味付けのオーソドックスな牛丼が「強さはあるが至って普通な自民党」、甘くて酸味のあるスパイシーカレーは「もっと辛みが欲しい民主党」、そして卵が国民を表わしており、牛丼とカレーの取り合わせがねじれ国会、卵はその調和を意味している。
  • 中華鍋でタケノコと豚肉を炒め、軽く火が通ってから、醤油と砂糖で甘辛く味付けし、刻みネギとショウガを加えて仕上げる。