瓜二つ

全て 名詞
863 の例文 (0.01 秒)
  • 同じ系統かもしれないけれど、顔だって瓜二うりふたつというほどは似ていない。 ...
  • 光の通路の向こうに、現実とうりふたつの黄泉よみの国を見たように思われた。 ...
  • 息子のポクローフスキイは亡くなった母親にうりふたつだという話だった。 ...
  • 殺害された娘は由香と瓜二つで、ペンダントには娘の写真が入っている。 ...
  • あなた御自身もあの男にうり二つというほどよく似ていることを認めていられる。 ...
  • そこで働く女たちの中に、死んだ愛子と瓜二つの娘がいたからだった。 ...
  • 瓜二つなのを利用して、子供の頃はよく他人をだまして遊んだものです。 ...
  • 腰物方にあった押形おしがたを見たことがありますが、まさにこの刀と瓜二つ。
  • 全く瓜二うりふたつの二人だが、精神構造は究極的と言っていいくらい対立していた。 ...
  • 親惑星は、二人が二番目に訪れた惑星と瓜二つともいえるようなものだった。 ...
  • 自分たちと瓜二つの姿をした集団に遭遇した一家に起こる惨劇を描いている。 ...
  • 新之助に瓜二つの彼は、実は生まれてすぐ引き離された双子の弟だった。 ...
  • この曲たちが流行していた頃に付き合っていた恋人と瓜二つの女の子を前にしている。 ...
  • 世の中、自分と瓜二つの人間が一人や二人はいるものだという。 ...
  • すると、彼女はこれは兄の肖像で、わたしとうりふたつなのだといった。 ...
  • 彼らの顔は瓜二つで、まるでアギアが鏡に顔を映しているようだった。 ...
  • 叔父の傍らには不気味な笑みを浮かべる瓜二つの恵比寿が二人立っていた。 ...
  • 次へ