環境犯罪

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 犯罪社会学や環境犯罪学に依拠した警備業研究を展開している。 ...
  • 住宅としては失敗事例として名を残すこととなったプルーイット・アイゴーだが、そこで得られた教訓は環境犯罪学などを進歩させるとともに、後年の建築設計者に重要な指針を与えることとなった。 ...
  • 環境犯罪学に基づく対策として、例えば、玄関の鍵の数を増やす、公園の植込みの高さを低くする、犯罪多発地帯に有能な監視者を置く、などが挙げられる。 ...
  • サラザールの指示により、暴力団担当部隊、環境犯罪担当部隊、一般逃亡犯担当部隊などが組織された。 ...
  • 環境犯罪学の理論に、「割れ窓理論」というものがあります。 ...
  • また、ティム・モリスによると環境犯罪に関連したマネーロンダリングや汚職、金融犯罪なども発生しているとしている。
  • その上で、小宮信夫らが唱道する環境犯罪学や心神喪失者医療観察法に批判的な視座からの考察を行っている。 ...
  • 環境犯罪学は、犯罪の「原因」ではなく、犯罪を取り巻く具体的な「環境」ならびに犯罪の分布及びパターンに着目することにより、客観的な犯罪の理解の下、効果的な犯罪の予防を目的とする学問。
  • しかしながらスペインなどの一部加盟国では有害廃棄物の輸送を犯罪としていなかったこともあり、司法・自由・安全担当委員フランコ・フラッティーニとディマスは「環境犯罪」に対する刑を定めることを提案した。 ...
  • これに対して、悪質な米軍犯罪者身柄引き渡し時点を繰り上げたという成果と共に、環境条項を新設したことは高く評価されたものの、環境犯罪行為者の処罰と原状復旧規定が含まれていないことが惜しまれることとなった。 ...
  • 割れ窓理論とは、軽微な犯罪も徹底的に取り締まることで、凶悪犯罪を含めた犯罪を抑止できるとする環境犯罪学上の理論。 ...
  • その上で、ガーディアンエンジェルスを筆頭にNPOなどのセミフォーマルな犯罪統制について言及しているものの、その主張には小宮信夫らが唱道する環境犯罪学と通底している箇所も多い。 ...
  • 近年、環境犯罪への対策などは強化されつつあり、警視庁では環境汚染に繋がる不法投棄等の廃棄物事犯や野生動植物の不法取引などの取締りを強化しているほか、その犯罪行為への罰則も強化されている。
  • 当時、一部の加盟国は有害廃棄物を国外に送り出すことについての刑罰が規定されておらず、欧州委員会委員フランコ・フラッティーニとスタブロス・ディマスは「環境犯罪」導入案を推進した。 ...
  • 日本においては、ごみの不法投棄などを禁止する「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」「大気汚染防止法」「水質汚濁防止法」「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」など、後世に引き継ぐべき自然環境に害を与える行為を禁止する法律に反する犯罪行為が環境犯罪である。 ...