理ふじん

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 父にとっては、あまりに突然で理不尽な出来事への涙だったに違いない。 ...
  • それがいかに理不尽なことか、自分がいちばんわかっていたからである。 ...
  • 私がいじめにあったのは理不尽りふじんなことではなく、何か原因があったのだ。 ...
  • それによって理不尽に否定されてしまって社会の中から排除されてしまう。 ...
  • こんな軍部に理不尽なことをさせているのは、他ならぬ天皇であります。 ...
  • 理不尽な事件に巻きこまれた傷手を、少しでも小さくするのは自分だわ。
  • そしてクトゥーチクをつき動かしたわけのわからない理不尽な恐怖をも。 ...
  • これほどまでの理不尽を、これほどまでの間違まちがいを、僕は知らなかった。
  • 自分を無視されたのが気に入らなかったらしいが、本当に理不尽な話だ。
  • でも彼女はこのような理不尽な力を僕に一度も味わわせてはくれなかった。 ...
  • それがどんなに理不尽な指示であっても、その通りに従うつもりだった。 ...
  • 人が人を殺してゆく理不尽りふじんさに、父親が起きてくるくらい泣き続けた。 ...
  • 彼は、理不尽な運命に対してスプーン一本で戦いを挑んでいたのだろう。 ...
  • 拷問こそされなかったが彼女に対する取調べは相当理不尽なものだった。 ...
  • 信じがたく、理不尽なことではあるが、手紙がこないのは事実であった。 ...
  • 死というのは理不尽で不可解で、そしてやはり何と残酷な現象だろうか。 ...
  • それは理不尽ではあるが、竜之助なりの理屈をもっていたことがわかる。 ...