現在の奈良市

10 の用例 (0.00 秒)
  • 都が平城京へ移るとともに飛鳥寺も現在の奈良市に移転し元興寺となった。
  • 現在の奈良市西部から生駒市にあたる。
  • 飛鳥時代に奈良盆地を南北に縦断するために整備された道で、現在の奈良市と桜井市を天理市経由で結ぶ。
  • 奈良県再設置問題がおこった時もその庁舎の位置について現在の奈良市を外し、今井町に設置しようとする有力な動きがあったが、実現しなかった。
  • 現在の奈良市は、奈良県の北部一帯を占める広域市で、同時に奈良盆地の北端にも当たる。
  • なお、聖徳太子が活躍した時代は平城遷都より100年前の時代であり、平城京が置かれた現在の奈良市近辺の地域との関連も深くはない。
  • 聖武天皇は富雄川のある土地を訪れた際、水碓を用いて農民が精米しているのを見かけ、この土地に「三碓の里」と名づけたという伝説が残っており、現在の奈良市三碓町の地名の由来とされる。
  • 順慶が久秀の居城多聞山城を本格的に攻城しようと、強力な拠点となるべく着目したのは辰市村で、現在の奈良市東九条町に位置している。
  • 現在の奈良市中心部の北方、佐保川右岸にあたる。
  • 「とみのさと」の「とみ」は「登美」「鳥見」「富」など現在の奈良市西部から生駒市東部の地名につながる。