現代日本語

145 の用例 (0.01 秒)
  • 日本人なんだから、現代日本語で書いてある問題を理解できないわけがない。 田中啓文『私立伝奇学園高等学校民俗学研究会その2 邪馬台洞の研究』より引用
  • 現代日本語では区別されないが、従来以下の二通りの用法があった。
  • サタン以外の西洋文化の悪霊も現代日本語では一般に悪魔と呼ばれたりする。
  • これは、日本人が古典文学を現代日本語発音で読むのと同じである。
  • 現代日本語の場合、集合住宅の形をとる別荘をリゾートマンションと呼ぶ。
  • 本項目では現代日本語の表記体系とその歴史を扱っている。
  • お二人で交わした会話はすべて、現代日本語に翻訳してちょうだい。 菊地秀行『トレジャー・ハンター06 エイリアン魔界航路』より引用
  • 現代日本語の中にカタカナ語が氾濫してしまったのも、こんな理由からでしょう。 講談社インターナショナル編『これを英語で言えますか?』より引用
  • 英語や現代日本語などがその例である。
  • 「調色板」など様々な訳語があるが、現代日本語ではあまり使わない。
  • 金田一京助などによれば、現代日本語の敬語に特徴的なのは次の2点である。
  • 現代日本語では、子供の遊びの名として使われる。
  • 現代日本語を基に文語体を加味した文で高く評価される。
  • 一般的な説では、現代日本語の音素は次のようになる。
  • それぞれの格が持つ意味は起源となった現代日本語の格が持つ意味と大体において一致するが、いくつか注意すべき点がある。
  • 古代からある色が上記4色である事実は現代日本語においても、その使い方の中に見られる。
  • 訳語を見れば分かるように、この順序は現代日本語から引き継がれている。
  • 現代日本語ではこの両系統が混用されている。
  • 現代日本語で醤と呼ぶ場合、液状の調味料のみを指すことが多い。
  • 現代日本語の連音現象としては、連濁が代表的である。
  • 次へ »