現代剣道

24 の用例 (0.00 秒)
  • 晩年は津田一伝流を思い出せず現代剣道のみを指導していたようである。
  • その内容は現代剣道の基本ともいえる内容である。
  • 周作の剣術指導法は現代剣道に大きな影響を与え、剣道家からの評価が高い。
  • 現代剣道の成立に強い影響を与えた指導者とされるが、博道自身はスポーツ的な現代剣道には批判的であった。
  • また、歩み足を用いることで、現代剣道では失われている左右への足捌きを残している。
  • 現代剣道で通常指導される右中段の構えでは右手と右足を前に構え、逆の構えの剣士はほとんど存在しない。
  • 明治期は大日本武徳会に強い影響力を持ち、一刀流や直心影流と並んで現代剣道の母体となった。
  • 現代剣道の成立に強い影響を与えた指導者、昭和初期の天覧試合などで活躍した人物、剣道十段や九段を授与された人物を指す。
  • この様に、彼の剣術指導は、現代剣道に多大な影響を与えた。
  • 竹刀稽古の導入により中西派一刀流は急速に広まり、現代剣道の母体となった。
  • 竹刀打ち込み試合稽古を中心としていたことから、現代剣道への発展の過程で流派の形を消失したと考えられる。
  • 大日本帝国剣道形の制定、学校剣道の指導法を考案し、現代剣道の基礎を築いた。
  • 明治・大正期は北辰一刀流を修めた剣士が残っていたが、大日本武徳会によって竹刀剣術流派が統合されていく中で、北辰一刀流もその多くが現代剣道化していった。
  • ただし神道無念流ではなく現代剣道を稽古している。
  • 袋シナイは現代の剣道式の竹刀と違い、柔らかく撓る事もあり、現代剣道と違い突き技などはあまり行われていなかった。
  • 現代剣道、居合道と並ぶ現代杖道普及の端緒を開いた。
  • 竹刀と防具を用いた打ち込み稽古を中心に行い、現代剣道に最も近い古流と評される。
  • 警視庁の警視流木太刀形、筑波大学の東京高師五行之形、小西酒造の修武館奥之形など、明治時代に制定された比較的現代剣道に近い古流形も存在する。
  • 堀はこれまで、古流の斬る剣術とスピードと技巧を中心にする現代剣道の狭間に立って悩んでいたが、この頃から新たな境地が開けたという。
  • 大日本武徳会には数多くの流派が参加したが、やがて流派の伝承より武徳会の試合や段位称号が重要視されるようになり、流派剣術が現代剣道化していった。
  • 次へ »