現に

全て 副詞
7,001 の用例 (0.01 秒)
  • 現に僕は伊国いこくに於ても仏国にでもかくの如き人あることを知っている。 新渡戸稲造『真の愛国心』より引用
  • 現に、あまり空想家でもない房一の心に一瞬浮んだのはその気持だつた。 田畑修一郎『医師高間房一氏』より引用
  • 彼はそんなものを現に目前に見物しているかのように思い出していた。 富ノ沢麟太郎『あめんちあ』より引用
  • 現に死んで行く人もありますし、助かつてゐる人の方が珍しいのです。 原民喜『書簡』より引用
  • だが事実、神が与えた意志自由によって人間は現に悪をなすことが出来る。 戸坂潤『道徳の観念』より引用
  • 現に今私が書いてゐる小説でも、正に判然と書きたいから書いてゐます。 芥川竜之介『はつきりした形をとる為めに』より引用
  • 現にわたしの家などでは、この頃もまだランプをとぼしていたのである。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • あの自殺した時間の偶然がなかつたら、現に生きてゐるかも知れない。 坂口安吾『吹雪物語』より引用
  • 現に今日に於てこれを見ても居士の後継者は天下に充満して居るのである。 高浜虚子『子規居士と余』より引用
  • 現に今度の応募作品中、はつきりその特殊性を示したものは一つもない。 岸田国士『ラヂオ・ドラマ選者の言葉』より引用
  • これもある意味では世界中の文明人が今現にやっている習俗と同じ事である。 寺田寅彦『マルコポロから』より引用
  • 現に商売人なればこそ此のわしは百万円の金をこの腕で作ったのだ。 織田作之助『俗臭』より引用
  • 現にそうした経験を今日われわれは至るところに味わいつつあるのである。 寺田寅彦『日本人の自然観』より引用
  • 神の国の実現を地上に望み得る、現に実現しつつあるという信仰であります。 島田清次郎『地上』より引用
  • 現に彼も昨日きのうの午後はこの一枚の十円札の上に彼のたましいけていたのである。 芥川竜之介『十円札』より引用
  • 見おぼえがあるわけで、いま現に自分の住んでいる屋敷の図面ではないか。 林不忘『丹下左膳』より引用
  • 現に此の青年も何かしら他の玄怪な存在になりかけているのであった。 松永延造『職工と微笑』より引用
  • 現に宗教的體驗は最も重要なる内容として神の愛と神への愛とについて語る。 波多野精一『時と永遠』より引用
  • 現に人々は之に似て、記述科学と説明科学とを区別するのが常であるであろう。 戸坂潤『科学方法論』より引用
  • 現に彼が持っていた郊外の或地面などは生姜しょうがさえろくに出来ないらしかった。 芥川竜之介『玄鶴山房』より引用
  • 次へ »