王道プロレス

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 王道プロレス時代の全日本に於いて、プロレス四天王と並ぶ五強と呼ばれた。 ...
  • 王道プロレスは、ジャイアント馬場が提唱したプロレスのスタイルの1つ。 ...
  • 独創的なプロレスムーヴは特に持っていないが、スタンダードな技を中心とした王道プロレスのようなパワースタイルで戦っているためストロングスタイルにも対応できる幅の広さを持つ。
  • その他、王道プロレスを看板に掲げていたキングスロードが、その看板との狭間で窮地に追い込まれていた際には、協力を約束。 ...
  • 王道プロレスは馬場さんであるからこそ言える言葉であり、王道プロレスという言葉の濫用は控えたい。
  • しかしこの声明は、団体名や当初発表された旗揚理念「馬場が築いた信頼と、王道プロレスに近づくべく旗揚げした」との整合性を欠いていることが指摘された。
  • 業界外からの批判の多くは、「ジャイアント馬場の王道プロレス復活」を信念に掲げているキングスロードの立ち上げの中心人物たちが、ジャイアント馬場の死後に全日本に入社しており、馬場と直接協働した経験がないことを根拠としている。 ...
  • ちなみにノアでは「王道プロレス」を標榜せず、キャッチコピーの類としては「自由と信念」という言葉が知られている。 ...
  • レスラーとしてのタイプはそれぞれ異なるが、所属組織が分断されてしまった現在も、馬場の「王道プロレス」「純プロレス」の部分はそれぞれに継承されている。 ...
  • ちなみに長らく王道プロレスと接してきた和田京平は王道について「長くやっていることが王道」だと言っているほか、天龍源一郎は「形のないものが王道」だと語る。 ...
  • このような、大技を連発するプロレスは王道プロレス、四天王プロレスと呼ばれた。 ...
  • また同時期、なかなか王道プロレスになじめないでいた高山善廣とのタッグを結成すると、双方の伸び悩みの種だった粗さが良い方に回転し始め、ふっ切れたように派手なアピールを繰り返し、今までの全日本になかった異色のタッグとして頭角を現す。 ...
  • また本人は旗揚げ前の週刊プロレスのインタビューで「馬場さんのプロレスは馬場さんにしか出来ないと思うから、ボクは四天王プロレスを目指す」と話しているが、馬場が現役時代行っていたアメリカンスタイルのプロレスと王道プロレスは全くの別物であり、理解出来ずにいた。 ...
  • 王道プロレスは、1989年に公表されたキャッチコピーである「明るく、楽しく、激しいプロレス」を体現しているものであるが、四天王プロレスはプロレスの試合内容自体を指す場合には、この中の「激しい」の部分を特徴づけるものとなる。 ...
  • 「王道プロレス」のキャッチコピーが浸透。 ...