王立天文

55 の用例 (0.01 秒)
  • 王立天文学会から刊行されている学術雑誌は、以下のとおりである。
  • 王立天文学会は生徒、教師を含む一般大衆向けに天文学の成果の普及を行っている。
  • その結果、マスケリンが王立天文官としての仕事から一時的に離れて本実験を担当することが認められた。
  • 王立天文学会の主な活動の一つは、査読つきの学術雑誌を刊行することである。
  • 初代のアイルランドの王立天文官となり、晩年、の主教に任じられた。
  • 彼女は、著名な建築家であり王立天文学会の会員でもあった の娘で、賞の原資となる資金を遺贈した。
  • 王立天文学会はプロの天文学者向けの総会を毎年春に開催しており、不定期な研究会もイギリス各地で開催している。
  • 王立天文学会は、関連する様々な学術団体と協力関係にある。
  • 王立天文学会は、学術雑誌および定期刊行物も発行している。
  • 王立天文学会は、天文学研究を支援するために1820年に設立された学術団体である。
  • 王立天文学会の創立メンバーで1841年から1842年の間、会長を務めた。
  • 天体写真の功績により1884年に王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。
  • さらに研究を進め、新しい月の運動の理論を創造し、1897年から1908年の間に王立天文学会誌に発表した。
  • 王立天文学会は、多くの大学や研究機関よりも豊富な天文学と地球物理学の書籍を所蔵している。
  • そのような人は王立天文学会の「フレンド」となり、一般向け講演会やイベントに主催者側として参加することができる。
  • 章動の測定などを行ったが、それらの測定値は、同時代の王立天文官のジョン・ポンドによって訂正された。
  • その功績により1928年王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。
  • 英国の電波天文学者たちは光学天文学者らや王立天文学会と共に、この行動に抗議した。
  • 王立天文学会のメンバーとなり、1878年から王立天文学会の会長を務めた。
  • 王立天文学会図書館は学会員だけでなく天文学者、地球物理学者、歴史学者にとっても重要な資源である。
  • 次へ »