王座奪回

28 の用例 (0.00 秒)
  • どのみち存在を秘したままでは王座奪回などできはしないのだ。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第01巻 「放浪の戦士」』より引用
  • 王座奪回のためにはどうしても王国の心臓部であるコーラルを取り戻さなければならない。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第02巻 「黄金の戦女神」』より引用
  • 雪辱・王座奪回に失敗し、結局この試合を最後に引退した。
  • ある日突然、流浪の国王の前に現れ、わずか十三歳にして大の男以上の戦いぶりで王座奪回に協力したことはデルフィニア人なら五歳の子どもでも知っているが、詳しい生い立ちは国王も知らない。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第05巻 「異郷の煌姫」』より引用
  • 同年11月新日本プロレスに来日し、札幌で猪木に再挑戦するが王座奪回はならなかった。
  • 王座奪回もその後の統治もウォルの実力だ。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第05巻 「異郷の煌姫」』より引用
  • しかし、2003年のWGIでは8年ぶりの王座奪回を果たす。
  • ブルズはジョーダン不在の2シーズンの空白期間を経て、ついに王座奪回に成功した。
  • これでケインの王座奪回は消滅した。
  • 第15戦ルクセンブルクGPと最終戦日本GPでは共にポールポジションを取り、いよいよ王座奪回かと期待させたが、両決勝ではハッキネンに逆転優勝を許し、2年連続最終戦でタイトルを逃した。
  • 俺はタッグ王座奪回にこだわってるわけじゃない。
  • しかし、1970年3月20日に行われたラバーマッチで対戦し、判定勝ちで王座奪回を果たした。
  • 彼らの復帰後もユヴェントスフォワード陣の柱となり、最終的に35試合16点の成績を挙げ、ACミランからのセリエA王座奪回に貢献した。
  • この年は2連覇を目指す阪急と2年ぶりの王座奪回に燃える南海がともに残り1試合の段階で79勝50敗で並んでいた。
  • 翌1915年2月20日、王座奪回を目指して再びスミスに挑んだが、20回判定負け。
  • しかし、ここでも15回判定負けを喫し、王座奪回ならず。
  • 同年10月9日にロビンソンにリターン・マッチを挑むが失敗、その後も王者に返り咲いた馬場に2度に渡って挑戦したが王座奪回は果たせなかった。
  • デトロイト・ピストンズと対戦するが、1勝4敗と完敗を喫してしまい、王座奪回は失敗に終わった。
  • シャーミアンは楽しそうに笑みをこぼし、イヴンはたまりかねたように爆笑し、最後には王座奪回の立役者たちによる豪快な笑いの大合唱になった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第04巻』より引用
  • 日本ミドル級王座を2度防衛後の同年10月1日、後楽園球場で椎名からの日本ウェルター級王座奪回に挑戦したが、判定負けを喫した。
  • 次へ »