王座を奪回

22 の用例 (0.00 秒)
  • 同年6月8日にロドリゲスと再戦し、15回判定勝ちで王座を奪回した。
  • これにより王座をめぐる抗争が本格化しサマースラムでは世界王座を奪回した。
  • 同年9月29日にベンベヌチと再戦し、15回判定勝ちで王座を奪回した。
  • 男子は中国が王座を奪回した。
  • 男子はスウェーデンが7年ぶりに王座を奪回した。
  • 以上のように、馬場から王座を奪回した試合を除いて日本でのビッグマッチでほとんど勝っていないという奇妙な一流レスラーである。
  • 彼女の活躍によって新体操王国・ブルガリアが、1988年のソウルオリンピック以降続いた、ソ連勢による王座を奪回することに成功した。
  • 同年6月15日、坂口は長州力を新パートナーに王座を奪回、長州にとっては日本での初戴冠であった。
  • しかし同年9月30日、パレットはグリフィスに雪辱、判定で王座を奪回した。
  • そのベルトは2012年4月に奪われたが、11月に大日本最侠タッグリーグ戦の優勝決定戦に進出すると、その相手がタッグ王座の岡林裕二&忍だったため、タイトルマッチとしても行われた試合に勝利し、優勝と共にタッグ王座を奪回した。
  • この試合でも反則負けを喫し、その後もなかなか王座を奪回出来ずにいたため大スランプとまで評されたが、11月26日のサバイバー・シリーズでキング・ブッカーを破り、2度目の世界ヘビー級王座を獲得した。
  • 湯通堂清秀は1967年、韓国人の東洋王者を右フックでロープ下へ吹っ飛ばしているが、岡田晃一が1971年に王座を失った後、日本人は20年以上この王座を奪回することはなかった。
  • 第6戦はようやくマディソン・スクエア・ガーデンで行われるが、レイカーズは敵地で82-65の勝利をあげ、シリーズを4勝3敗で制し、2年ぶりに王座を奪回した。
  • 翌1956年3月14日の二度目の防衛戦で、前王者ジョニー・サクストンに判定負け、王座を奪われるが、同年9月12日の再戦ではサクストンを9回KO、王座を奪回した。
  • では、ケン・ケネディを破り再びUS王座を奪回した。
  • 同年12月25日、江藤義昭を破って遂に日本ミドル級王者となるが、1年後の1969年11月23日に行われた再戦では江藤の右ストレートを痛打され9回KO負け、王座を奪回された。
  • しかし、猪木は負傷のため出場を辞退、代わって新日本プロレス入団まもないストロング小林が坂口と組み、9月22日に名古屋で決定戦に挑むも敗退、ブロンドスに王座が移るが、10日後の10月2日に大阪で猪木&坂口が王座を奪回している。
  • 同年8月30日、前日に龍原砲に王座を奪われ五輪コンビで挑戦者チームとして戦った一戦では、バックドロップを連続で食らいすでに意識がなく自力で立ち上がれない天龍の髪の毛を掴んで、無理やり引きずり起こし3発目のバックドロップで完全失神に追い込みかばう原ごとピンフォールし、王座を奪回した。
  • 翌1958年3月25日、初防衛を賭けロビンソンと再戦、前回同様の乱打戦に持ち込み優位に立つが、6回にカットした左目に集中打を浴びて形勢を逆転され、1-2の判定負けで王座を奪回された。
  • 王座を奪回した。
  • 次へ »