王位に就く

159 の用例 (0.00 秒)
  • 犬種名は作出当時王位に就いていたフランス国王にちなんでつけられた。
  • 将来、彼がフレイム王国の王位に就くことになるかどうかは分からない。 水野良『ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下)』より引用
  • うちには弟王子様が二人もいてね、そちらが王位に就いてしまうのさ。 小林めぐみ『ねこのめ 第1巻 天秤の錯覚』より引用
  • ここに名前を載せている者で、公には即位したが王位に就かなかった者もいる。
  • 自身が王位に就くことには失敗したが、実質的には、国全体を統治していた。
  • だが王位に就いたトゥッルスはこれを戦争で解決することを主張する。
  • 王位に就いた瞬間から尚泰王は子どもであることをやめさせられた。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • アジャセが父王を殺し王位に就くと、彼は大臣としてアジャセに仕えた。
  • だが、王に代わって彼らの一人が王位に就くことは成功しなかった。 塩野七生『ローマ人の物語1』より引用
  • 父の余昧はもともと初代の王である寿夢の3男で王位に就く資格はなかった。
  • 北部はハイチ国となり、クリストフが王位に就くとハイチ王国となった。
  • こうして本来は王位に就く可能性が低かったムルシリに王位が回ってきた。
  • それでジェナート最高司祭にされて、僕が王位にいたというわけさ。 水野良『ロードス島戦記 5 王たちの聖戦』より引用
  • ロンドン塔の主となったギルフォードは、自らも王位に就くことを望み出した。
  • 朝満は尚真王の長男で世子であったが廃嫡され、王位に就くことができなかった。
  • 王位に就いたエドワード4世であったが、成立した政権は不安定であった。
  • ボードゥアン3世は母と共同統治する形で1143年に王位に就いた。
  • 父ベレンガーリオ2世と共同で950年から962年まで王位に就いた。
  • 一方で延優らは集安付近で丸都城を築いて新しい国を建て、王位に就いた。
  • 王位に就いた直後は、内閣と貴族院の抗争問題への対処に取り組んだ。
  • 次へ »