率いる

全て 動詞
12,651 の用例 (0.02 秒)
  • それはつまり、敵を率いる騎士が、彼らの誰よりも強いということだ。 九里史生『SAO Web 0406 第八章01』より引用
  • 右手の壁にはサムソン軍匠列翼翔士フェクトダイ・スケムに率いられた従士サーシュたちが並んでいる。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 02 守るべきもの』より引用
  • あんな疫病神やくびょうがみを連れている限り、黄朱こうしゅたちの率いる人々には合流できない。 小野不由美『十二国記 08 図南の翼 小野不由美』より引用
  • 彼は一個軍あまり、約一一万の兵を率いてこの戦いに参陣していた。 佐藤大輔『皇国の守護者1 反逆の戦場』より引用
  • だがその時は既に義貞の率いる五十騎二百の一隊は城を出たところであった。 新田次郎『新田義貞(下)』より引用
  • 長田権之守為春は五人の騎士と郎党二十人を率いて数倍の敵と戦った。 新田次郎『武田勝頼(一)』より引用
  • ぼくたちは三十分ほど待たされてから、分隊長に率いられて動きだした。 眉村卓『不定期エスパー5』より引用
  • 仲神なかがみという男がひきいてるグループ、統合計画局の監視かんしリストに名前があります。 三雲岳斗『レベリオン 第02巻』より引用
  • その翌年に、監督就任二年目の長嶋が巨人を率いて日本シリーズに出てきた。 山際淳司『ナックルボールを風に』より引用
  • その敵と対抗しながら馬を降りて一隊となった義貞の率いる二百人はよく戦った。 新田次郎『新田義貞(下)』より引用
  • 第五世代の指導者が率いる組織は壊滅したと考えていいでしょう。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 14 山口防衛戦3』より引用
  • 女暴走族を率いていたことで、真由美の余罪は後から幾らでも出てきた。 岩井志麻子『恋愛詐欺師』より引用
  • ケント州の民衆の反乱軍はジャック・ケードなる首領に率いられていた。 石井美樹子『中世の食卓から』より引用
  • その二人にひきいられるように残りの五人が後に付いていく。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス04 コンフィデンシャル・コール』より引用
  • で五十人の部下を率い、東の門から乱入し、赤格子一人を目掛けるよう。 国枝史郎『名人地獄』より引用
  • そこに手勢百名ほどを率いて、柴田勝定が光秀の本陣に駆け戻ってきた。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • 今はその組織を、彼が実質的に率いているのではないだろうか。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第17巻 すてきな結婚式のための魔法』より引用
  • この魔除けのある限りトレボーひきいる軍隊が敗北するはずもなかった。 ベニー松山『隣り合わせの灰と青春』より引用
  • 家康が軍を率いて浜松を出発したという情報だけでは出兵はしない。 新田次郎『武田勝頼(一)』より引用
  • このあたしとあたしが率いる連中は、どんな依頼でも秒単位で解決できるからね。 谷川流『涼宮ハルヒ特別編 「ハルヒ劇場 act1」』より引用
  • 次へ »