率いる読売ジャイアンツ

11 の用例 (0.00 秒)
  • その結果、プロ入り前の相思相愛の関係であった長嶋茂雄監督率いる読売ジャイアンツに移籍する。
  • の開幕前、新監督に就任した堀内恒夫が率いる読売ジャイアンツへ金銭トレードで移籍した。
  • 水原茂監督率いる読売ジャイアンツと山本一人監督率いる南海ホークスとの2年連続同一カードによると対決となった。
  • ちなみに山内は引退後西本監督から阪急入りを要請されていたが、既に川上哲治が率いる読売ジャイアンツに打撃コーチとしての入団が決まっていたため、広島の同僚だった上田を監督の西本に推薦した。
  • 上田利治監督率いる阪急ブレーブスと長嶋茂雄監督率いる読売ジャイアンツの対決となった1976年の日本シリーズは、長嶋にとっては巨人監督就任後初の日本シリーズであった。
  • 森祇晶監督率いる西武ライオンズと王貞治監督率いる読売ジャイアンツの対戦となった1987年の日本シリーズは、1983年と同じ組合せで、巨人OB対決となった。
  • 水原茂監督率いる読売ジャイアンツと山本一人監督率いる南海ホークスとの3年連続同一カードによると対決となり、10月に後楽園球場と大阪球場と甲子園球場で行われた。
  • 仰木彬監督率いるオリックス・ブルーウェーブと長嶋茂雄監督率いる読売ジャイアンツの対決となった1996年の日本シリーズはオリックスが4勝1敗で勝利し、球団としては初、前身の阪急ブレーブスからは19年ぶり4度目となる日本一を達成した事になるが、その時の相手も、長嶋巨人であった。
  • ちなみに翌年、西武はリーグ優勝を成し遂げるも、長嶋茂雄監督率いる読売ジャイアンツに敗れ日本一奪還は成し遂げられなかった。
  • 川上哲治監督率いる読売ジャイアンツと西本幸雄監督率いる阪急ブレーブスの対決となった1971年の日本シリーズだが、戦前は「阪急有利」の予想が多かった。
  • 初めてセ・リーグを制した、水原茂監督率いる読売ジャイアンツと、初のパ・リーグを制した山本一人監督率いる南海ホークスとの対決となり、10月に後楽園球場と大阪球場で行われた。

率いる読売ジャイアンツ の使われ方