率いる王党派

6 の用例 (0.00 秒)
  • 将軍が率いる王党派軍はリマを去り、1821年6月25日に内陸の高地に撤退した。
  • フェリックス・ザルム=ザルム率いる王党派の軽騎兵旅団による脱出の試みが失敗した後、軍事裁判にかけられ、彼は死刑を言い渡された。
  • クロアチアではウスタシャのような親枢軸派が勢力を拡大したが、その他の地域では2つの主要な対独抵抗運動、すなわちドラジャ・ミハイロヴィッチ率いる王党派のチェトニックとヨシップ・ブロズ・チトー率いる共産派のパルチザンが活動を開始した。
  • その後リマは独立勢力の混乱の中で再びスペイン王党派軍に奪回されたが、最終的にシモン・ボリーバルとアントニオ・ホセ・デ・スクレがでペルー副王率いる王党派軍を壊滅に追いやったことにより、ペルーの独立は確定した。
  • フランス革命時代の1795年6月6日、モルビアン県からやってきた、ジョルジュ・カドゥーダル率いる王党派軍がポン・ド・ビュイで略奪を行った。
  • パトリック・ファーガソンの率いる王党派民兵がクラーク隊を包囲しようとして、セビアとウィリアム・キャンベルの指揮するオーバーマウンテン・マン900名に敗北を喫した。