率いる巡洋

9 の用例 (0.00 秒)
  • ドイツ艦隊のヒッパー率いる巡洋戦艦部隊が到着した頃には、英艦隊はすでに引き上げていた。
  • 第一次世界大戦の開戦以来、英国海軍の大艦隊はスコットランドの北の果て、オークニー諸島のスカパ・フローを根拠地とし、ビーティー率いる巡洋戦艦部隊はフォース湾奥の要塞基地ロサイスを根拠地として、大艦隊とは独立して軍令部から指揮を受けていた。
  • しかし大洋艦隊はまだ安全ではなかった、ビーティ率いる巡洋戦艦部隊がヒッパーらの「死の騎行」にも遭遇せず、大洋艦隊を猛追してきたからである。
  • 彼は旗艦としていた小型巡洋艦、「ケルン」がデヴィッド・ビーティー中将率いる巡洋戦艦部隊に撃沈された時、艦と運命を共にした。
  • しかし開戦直後にバルト海で撃沈したドイツ巡洋艦から暗号を入手していたイギリスは、1915年1月に行われた3回目の出撃ではビーティ率いる巡洋戦艦部隊がヒッパーの部隊を待ち伏せドッガー・バンク海戦が発生する。
  • グローウォームはノルウェー沖への機雷敷設作戦で4月5日にスカパフローを出撃したW・J・ホイットワース中将が率いる巡洋戦艦レナウンと複数の駆逐艦からなる艦隊の中の1隻であり、4月6日に波にさらわれた乗員の捜索中に艦隊から離れてしまった。
  • ジェリコーは、チャーチル海軍大臣に自分はティリット代将とキイス代将を支援するために、サー・デビット・ビーティー中将率いる巡洋戦艦の一戦隊とウィリアム・グーデナフ代将の軽巡洋艦の一戦隊を増援に派遣すると報告した。
  • 翌日、ビーティ率いる巡洋戦艦部隊、4隻の弩級戦艦と6隻の巡洋戦艦もフォース河口から出撃した。
  • ヤーマス襲撃は、フランツ・フォン・ヒッパー提督が率いる巡洋戦艦「ザイドリッツ」、「フォン・デア・タン」、「モルトケ」、装甲巡洋艦「ブリュッヒャー」、軽巡洋艦「シュトラースブルク」、「グラウデンツ」、「コルベルク」、「シュトラルズント」によって実行された。