率いる南朝方

5 の用例 (0.00 秒)
  • 淡河氏は南北朝時代の暦応2年に石峯寺・三津田とで赤松則村率いる南朝方と戦い敗れた。
  • 金ヶ崎の戦いは、南北朝時代の1336年から翌1337年にかけて、越前国金ヶ崎城に籠城する新田義貞率いる南朝方の軍勢と、それを攻撃する斯波高経率いる北朝方の軍勢との間で行われた戦いである。
  • しかし、真壁氏の庶流の中には長岡氏の当主・長岡宣政率いる南朝方もおり、真壁宗家は近隣の南朝方や一族との骨肉の争いを余儀なくされた。
  • 青野原の戦いは、南北朝時代の1338年1月20日から1月29日にかけて、美濃国青野原を含む地域において、上洛を目指す北畠顕家率いる南朝方の軍勢と、土岐頼遠ら北朝方の軍勢との間で行われた一連の合戦である。
  • 武久には嫡子がおらず、その死後、蒲池氏は、懐良親王の率いる南朝方の力が衰えるまでの約20年間、領主不在の状態となり、所領は武久の娘が「女地頭」としてかろうじて守っていた。