率いるローマ

120 の用例 (0.01 秒)
  • 紀元前204年、大スキピオ率いるローマ軍は北アフリカに上陸した。
  • 前63年にポンペイウスが率いるローマ軍によってユダヤ人支配から解放された。
  • この戦いではグナエウス・ポンペイウス・ストラボ率いるローマ軍が反乱軍に勝利した。
  • リヴィウス率いるローマ軍はユーフラテス川を挟んでこれを撃滅した。
  • 紀元前204年春、スキピオ率いるローマ軍は北アフリカのウティカ付近へ上陸した。
  • クラッスス率いるローマ軍は紀元前55年の終わりにシリア属州のアンティオキアに到着した。
  • 続いてトラシメヌス湖畔の戦いでもフラミニウス率いるローマ軍は行軍中を襲われ敗北する。
  • 反乱軍の規模とグラベルおよびウァリニウス両法務官の敗北に危機感を持った元老院はその年の執政官であったとの率いるローマ軍団を派遣した。
  • グラベルおよびウァリニウス両法務官の敗北に危機感を持った元老院はその年の執政官であったとの率いるローマ軍団を派遣した。
  • 紀元前64年、ポンペイウス率いるローマがシリア西部を併合した。
  • この戦いでクラッスス率いるローマ軍は約4万の軍勢を持ってカルラエ市近郊にまで進軍した。
  • ユダヤ属州の大規模な反乱の後、70年のエルサレム攻囲戦においてティトゥス率いるローマ軍団によって神殿は破壊された。
  • その過程で規模を膨らませた反乱軍であったが、ワトリング街道の戦いでガイウス・スエトニウス・パウリヌス率いるローマ軍に大敗した。
  • 大スキピオが率いるローマがハンニバルが率いるカルタゴを破って、第二次ポエニ戦争を終結させた。
  • 紀元前72年に反乱軍が北上を開始するとスパルタクスと分離して別行動をとり、執政官の率いるローマ軍団と戦って敗死した。
  • ローマ皇帝デキウス率いるローマ軍がこの侵略者に対抗したが、251年のアブリットゥスの戦いにおける敗北でデキウスは戦死した。
  • 近隣の奴隷たちが反乱に加わって数万から十数万人の軍衆に膨れ上がり、紀元前72年には執政官の率いるローマ軍団を数度にわたって打ち破ってイタリア半島を席巻した。
  • ウァレリアヌス率いるローマ軍は、259年にシリア属州のアンティオキアに到着する。
  • 法務官グラベル率いるローマ軍は、規模を拡大しつつある脱走奴隷の一団がこれ以上の被害をもたらすのを防ぐため、彼らが根城とするカプアの街へと派遣されるのだった。
  • 紀元前204年、大スキピオ率いるローマ軍がこの地方を制圧し、シュファックス王はローマ軍の捕虜となった。
  • 次へ »