率いるドイツ

83 の用例 (0.00 秒)
  • しかし翌日、南部のパウルス元帥及び彼が率いるドイツ軍は降伏した。
  • アフリカではエルヴィン・ロンメル将軍率いるドイツアフリカ軍団と行動を共にした。
  • このため日本はナチス党率いるドイツと対立するイギリスやオランダとの関係が悪化し、アメリカ合衆国の対日感情も悪化することになった。
  • 例えば、ナチス率いるドイツがそうしたことを行ったことが知られているし、また北朝鮮がそうしたことを行ったということも知られている。
  • 北アフリカにおけるドイツ軍はローマに司令部を置く南方総司令部が統括、その下にロンメル率いるドイツ・イタリア装甲軍が所属することとなった。
  • ダルマン率いるドイツの探検隊によって発見された。
  • 近衛はのちに日独伊三国同盟を結び、ヒットラーの率いるドイツと運命共同体の立場に立って英米を敵に回すことになる。 勝田龍夫『重臣たちの昭和史 上』より引用
  • これ以降、ソ連はイデオロギーの相違を超えて、反共産主義を掲げていたナチス党率いるドイツとの協力関係を結んでゆく。
  • ヘルマン・プレウスカー率いるドイツ師団が市へ入城し、市民側のロシア帝国軍がカリシュを守っていたことからドイツ軍は報復に出た。
  • 第二次世界大戦前は建築家を志していたが、1939年9月に第二次世界大戦が始まると、間もなくナチス党率いるドイツ政府のユダヤ人迫害政策によって強制収容所に収容された。
  • そして第4ウクライナ方面軍はついにオットー・ヴェーラー率いるドイツ第8軍への攻撃を開始した。
  • フランス革命が勃発した当初、ランベスクの率いるドイツ人近衛連隊は宮廷とその周辺の秩序を維持する上で重要な役割を与えられていた。
  • ウワディスワフとその同盟者であるスラヴ同盟は、ローマ教皇を含め22もの西欧諸国から送られてきた戦士たちを率いるドイツ騎士団を打ち負かしたのである。
  • 民族主義ブロックは続いて5月4日の国会選挙での勝利を目指してフォン・グラーフェ率いるドイツ民族自由党との協力関係を密にした。
  • 一方、フォン・ファルケン少佐率いるドイツ軍装甲部隊も水不足に悩まされていた。
  • 第二次世界大戦当時、主力艦ティルピッツ率いるドイツ海軍とドイツ空軍はソビエト連邦の補給路であるムルマンスク港への海上輸送を脅威に晒していた。
  • エルヴィン・ロンメル率いるドイツ軍はスエズ運河目指して北アフリカを進撃しており、このまま進めばパレスチナもドイツ軍に占領されるのではないかという恐れがイシューヴに広がった。
  • そして、フネのもとに新たに伝えられた情報によると、ヴァルター・ヴェンク装甲兵大将率いるドイツ第12軍がポツダム近郊に到達したという。
  • ロンメルはB軍集団とともに北フランスに移動し、ルントシュテット元帥率いるドイツ西方総軍の指揮下に入った。
  • 第二次世界大戦後、社会民主党は復活したが、オットー・グローテヴォール率いるドイツ東部のソ連占領地区の党員はドイツ共産党へ強制編入され、ドイツ社会主義統一党を結成した。
  • 次へ »