率いるイギリス

116 の用例 (0.01 秒)
  • 大陸軍の部隊が主にイロコイ族インディアンの大部隊と少数の民兵を率いるイギリス軍の抵抗を受けた。
  • 七年戦争では、1761年にオーベルンブルクの一部が率いるイギリス軍による攻撃で甚大な被害を受けた。
  • 一方ハウ将軍が率いるイギリス軍はイースト川の東岸を北へキングスブリッジの方に進んだ。
  • 第二線は中将率いるイギリスおよびハノーファー兵の部隊であり、尾根の背後の死角に伏せていた。
  • このガリバルディの独断の戦争を支援している国はパーマストン子爵率いるイギリスだけだった。
  • サミュエル・グレイブス提督の率いるイギリス艦隊はボストン港の支配を続けていた。
  • この頃、戦況は将軍率いるイギリス軍が全滅したり、各地でイギリス軍が包囲されたり、イギリス軍が劣勢であった。
  • ホレーショ・ネルソン提督率いるイギリス艦隊が1801年にコペンハーゲンを攻撃した際に、大学の施設はほとんどが破壊されたが、19世紀半ばごろまでに主だった建物は再建され、動物学・地質学博物館など多くの施設が新たに作られた。
  • ベルギー方面にウェリントン公率いるイギリス・オランダ連合軍とブリュッヒャー率いるプロイセン軍が展開した。
  • 国王ジョージ3世の次男ヨーク公爵フレデリック率いるイギリス軍がベルギーのフランドルに派遣されることとなった。
  • その夜、進軍中のフォーブズ率いるイギリス軍は、先住民の斥候から、砦の近くから煙が上がっていると言う情報を得た。
  • この分遣隊はイギリス軍のジョージ・フォースター大尉が率いるイギリス兵とインディアンの連合軍と対峙した後の5月19日に降伏した。
  • この年のフランスの主だった勝利は、ジェームズ・アバークロンビー率いるイギリスの大陸軍が、少人数のフランス軍に完敗したカリヨンの戦いであった。
  • 日本軍兵士に買収を試みるなど幾度となく脱出を図ったシアーズだが、ある日ニコルスン大佐が率いるイギリス軍捕虜一隊が収容所に移送されてきた。
  • バーナード・モントゴメリー将軍率いるイギリス第8軍団は、ほとんど抵抗なしに侵入最初の日にシラクサを占領した。
  • シュリーランガパトナがまず非常に難攻不落であったこと、マラーター軍が近くにいなかったこと、マラバールからやってきて合流したアバークロンビー率いるイギリス軍が非常に飢えていたこともあり、包囲がができるのかが疑問となった。
  • チャールズ・コーンウォリスが率いるイギリス軍は南部戦線でサウスカロライナからノースカロライナを経てバージニアに入っていた。
  • フランス・スペイン連合軍はジブラルタル奪回のため艦隊をトゥーロンから派遣、それを阻止しようとルーク率いるイギリス・オランダ海軍が迎撃に向かい、フランス・スペイン海軍が撤退したことでジブラルタルは確保された。
  • ナポレオン戦争の最中、フランス・スペイン連合艦隊を撃破するために、ネルソン率いるイギリス艦隊は出撃した。
  • これに対してヴィクトリアの委任を受けた将軍率いるイギリス軍が1873年11月からアシャンティ族討伐を開始した。
  • 次へ »