率いるアテナイ

20 の用例 (0.00 秒)
  • 戦いの後に到着したパウサニアスは一度はボイオティア軍と戦おうとはしたが、トラシュブロス率いるアテナイ軍の接近を知り、挟み撃ちを恐れてテバイと休戦条約を結んで戦死者の遺体を回収して帰った。
  • その後、エウリュメドン率いるアテナイの増援艦隊60隻が接近しつつあるという知らせを受けると、アルキダスは帰国し、ケルキュラ方面作戦は失敗に終わった。
  • リオンの海戦はペロポネソス戦争において紀元前429年にフォルミオン率いるアテナイ艦隊とペロポネソス連合艦隊との間で戦われた海戦である。
  • 紀元前457年のタナグラの戦いの62日後にミュロニデス率いるアテナイ軍はボイオティアに侵攻し、オイノフュタの戦いにてボイオティア軍を破った。
  • 紀元前465年にタソス人がトラキアの鉱山をめぐる紛争からアテナイに対して反乱を起こした際、キモン率いるアテナイ艦隊がタソス艦隊を破って上陸した後、キモンはタソス市を包囲した。
  • アテナイ・ケルキュラ連合艦隊は敗れたものの、エウリュメドン率いるアテナイ艦隊60隻の接近を受けてアルキダスはブラシダスの献策にもかかわらずケルキュラには攻め込まずに領地を荒らしただけで帰国した。
  • しかし、彼はストラトス近郊でアカルナニア人に敗れて撤退し、また艦隊47隻もリオンの海戦でフォルミオン率いるアテナイ艦隊20隻に破れてアカルナニア方面作戦は失敗に終わった。
  • しかし、スパルタの将軍クネモス率いる陸軍はアカルナニア人に、コリントスから出発した艦隊47隻はナウパクトスに待機していたフォルミオン率いるアテナイ艦隊20隻に敗れ、アカルナニア方面作戦は失敗に終わった。
  • 一方、遅れて出発したコリントスとペロポネソスの連合艦隊47隻は敵の目をかいくぐろうと夜に出航してパトラスを航行してそこからアカルナニアへ航行しようとしたが、カルキスとエウエノス川近くでフォルミオン率いるアテナイ艦隊20隻と遭遇し、海戦の運びとなった。
  • その後、テレウティアスはキュプロスの王エウアゴラスの援軍に行こうとしていたフィロクラテス率いるアテナイ艦隊10隻を拿捕し、クニドスに戻ってそれを売りさばくと、再びロドスに戻って亡命者を支援した。
  • 秋になってニキアスの率いるアテナイ軍とシュラクサイ軍は、シュラクサイ近郊のオリュンペイオンで最初の戦闘を交え、シュラクサイ軍は敗走した。
  • しかし紀元前391年のレカイオンの戦い で1モラのスパルタ重装歩兵部隊がイピクラテス率いるアテナイの軽装歩兵部隊に敗れ、アゲシラオス2世の成功は相殺された。
  • アイゴスポタモイの海戦でフィロクレスらの率いるアテナイ艦隊はリュサンドロス率いるスパルタ艦隊の不意打ちを受けて破れた。
  • しかし、アデイマントスらの率いるアテナイ艦隊は紀元前405年のアイゴスポタモイの海戦でリュサンドロス率いるスパルタ艦隊の奇襲を受け、決定的な敗北を喫した。
  • アルキビアデス率いるアテナイの艦隊がキュジコスの海戦でスパルタ軍を破ると、再び主戦民主派が活気付く。
  • ヘゲシレオス率いるアテナイ軍6000人がマンティネイアへの援軍として来ており、アテナイ騎兵とテーバイ・テッサリア騎兵との間で戦いが起こり、アテナイ騎兵が勝利した。
  • 彼はその途中、シュメの海戦でカルミノス率いるアテナイ艦隊20隻を破り、クニドスで幕僚とその船団、さらにペルシアの太守ティッサフェルネスと合流した。
  • ヘルモクラテス率いるシュラクサイ艦隊は、各戦局で活躍したものの、トラシュブロス率いるアテナイ右翼戦隊にミンダロス率いるスパルタ本隊は敗北を喫してしまった。
  • 紀元前410年、キュジコスの海戦において、アルキビアデス、テラメネス、及びトラシュブロス率いるアテナイ軍にスパルタ連合艦隊は壊滅的敗北を喫した。
  • メナンドロス、テュデウス、ケフィソドトスら率いるアテナイ艦隊180隻はリュサンドロス目指して進み、エライウス、セストスを経由してランプサコスの対岸のアイゴスポタモイに停泊した。

率いるアテナイ の使われ方