率いる

全て 動詞
12,651 の用例 (0.02 秒)
  • 部屋を出てすぐのところに長谷川先生率いる女子部隊が展開されていた。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 03』より引用
  • よし率いて行くことが出来るにしたところが私はそういう事は望まない。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • その貴族アミールは五十人の武士を率いてきたが、これも皆負かしてやりました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 06』より引用
  • ページに率いられて、疲れきった様子の両親が肩を落とす席に移動した。 石田衣良『アキハバラ@DEEP』より引用
  • これからは、お前達が私の代わりとなりセンターの同志達を率いてくれ。 新堂冬樹『ブルーバレンタイン』より引用
  • ゴルコンは自分が率いていた最高評議会そのものを信頼していなかった。 ロッデンベリイ『スター・トレック6/未知の世界』より引用
  • わたしはその後から一族を率いて、もっとそいつを急がせるようにする。 エディングス『ベルガリアード物語5 勝負の終り』より引用
  • だから県が率いる東漢氏の兵士達を土師連娑婆の軍に編入したのだった。 黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(下)』より引用
  • まだ、そんな派閥とかグループとかをひきいる立場にあったわけじゃない。 西尾維新『憑物語』より引用
  • これからあいつらを率いて前線に出るおめーに言うことじゃなかった。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 05 5121小隊 episode ONE』より引用
  • 男は青森の大きな右翼団体を率いる男と愛人との間にできた子供だった。 永沢光雄『AV女優(下)』より引用
  • 全力で走るマクゴナガル先生に率いられた机の群れが疾走してきたのだ。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 07 ハリー・ポッターと死の秘宝 (暫定訳)』より引用
  • その昔は群れを率いて森を守っていたホロが言うと、独特の説得力がある。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅡ』より引用
  • この男を死なせては最後の段階で海軍を率いるものがいなくなるではないか。 半藤一利『指揮官と参謀 コンビの研究』より引用
  • そのとき予想される敵の追撃を退けるため、二、三千の兵を率いていた。 陳舜臣『秘本三国志 05 (五)』より引用
  • 灰色の髪を後ろになびかせて、数人の生徒を率いていくところだった。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 07 ハリー・ポッターと死の秘宝 (暫定訳)』より引用
  • 若様が千でも二千でも率いて敵の虚を突くのは結構なことだと思います。 酒見賢一『墨攻』より引用
  • 今日の遅くにはヘンドリック伯爵が自らの手勢を率いて合流するはずだ。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第04巻』より引用
  • たった三隻の船を率いて、エマージェント帝国を倒そうというのですか? ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • が、はやくも女王の軍隊は、海軍卿に率いられながら、邸に迫っていた。 ストレイチー・リットン『エリザベスとエセックス』より引用
  • 次へ »