獅子奮迅

全て 名詞
165 の用例 (0.01 秒)
  • 前半戦は獅子奮迅の活躍だったものの、後半戦では存在感が薄くなった。
  • 五人の女を相手に獅子奮迅ししふんじんの働きをしていた男とは思われない。 山田風太郎『忍法女郎屋戦争』より引用
  • しばらくは祖母の手があったけれど、父は文字通り獅子奮迅ししふんじんの活躍だった。 阿刀田高『花の図鑑(上)』より引用
  • その夜は結局、二人を同時に相手しての獅子奮迅の大活躍となる。 鹿島茂『オール・アバウト・セックス』より引用
  • 彼らは豪勇無双の四本腕の指揮官とともに、獅子奮迅の働きを見せた。 バローズ『火星シリーズ11 火星の巨人ジョーグ』より引用
  • 女形の心得を失わずに獅子奮迅の働きをするところにこの役の難しさがある。
  • ふたたび堤の上へ出て見た時には、敵の影は獅子奮迅ふんじんに見えた。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • しかしともかく獅子奮迅ししふんじんの印象を与えたのは確実である。 眉村卓『不定期エスパー4』より引用
  • ああ、みんなにも見せたかったな僕の獅子奮迅ししふんじんの大活躍を。 平坂読『ホーンテッド! 2』より引用
  • 当初は盛胤や盛備らの獅子奮迅の活躍で蘆名軍が圧倒的に有利だった。
  • UEFAカップでも獅子奮迅の活躍、準優勝の原動力になり得点王も獲得した。
  • 緑色人戦士は、そのすきにわたしのそばへかけつけて、右に左に獅子奮迅ししふんじんの働きをした。 バローズ『火星シリーズ02 火星の女神イサス』より引用
  • いざとなれば鷹野さんのために獅子奮迅の活躍をしてくれるよ。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 07 皆殺し編』より引用
  • あとは「虎の心」の自由な獅子奮迅ししふんじんの働きをまつだけである。 シェイクスピア/大山俊一訳『オセロー』より引用
  • 新たな大陸を舞台に、ふたたびスパーホークたち一行が獅子奮迅の大活躍を見せることになります。 エディングス『エレニア記6 神々の約束』より引用
  • しかし、さすがの彼女も、そのような超人的な獅子奮迅ぶりを一年も続けるわけにはいかない。 定金伸治『ユーフォリ・テクニカ王立技術院物語』より引用
  • いい木を安く手に入れるため、獅子奮迅ししふんじんの働きをするのだ。 高田宏『木に会う』より引用
  • その為チームは低迷していたがトニーニョは獅子奮迅の働きを見せ11得点を挙げている。
  • 荒獅子の名に背かぬ殿の死闘ぶりは、まこと獅子奮迅の勢いでござった。 バルザック/小西茂也訳『風流滑稽譚(第三輯)』より引用
  • 先生がデータを取りまとめて、行政に動いてもらうことができるようになれば、うちだけが獅子奮迅することもないわけだし。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • 次へ »