猫が子猫

8 の用例 (0.00 秒)
  • 挙句の果てには怯えた顔の母猫が子猫をくわえてやってくる始末だ。 鈴木鈴『吸血鬼のおしごと 第1巻 The Style of Vampires』より引用
  • すべての太陽は、まるで猫が子猫を持っているように、必然的に惑星を持っているというのである。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ6) 三惑星連合軍』より引用
  • いっぽう、ララは、母猫が子猫をなだめるように桃子を舐め続けていた。 小池真理子『柩の中の猫』より引用
  • ふつうは母猫が子猫を連れているものなのに、どうしてオスのチビが連れ歩いているのだろうかと家族で議論しているうちに、ふっと二匹は姿を消し、それっきり戻ってこなかったそうである。 群ようこ『ネコの住所録』より引用
  • あんたはこういう気持になったことはないかね、たとえば、あんたがひとりでいて目の前でねこが子猫を絨毯じゅうたんの上でなめてやってるとする、あんたはそれをあまり熱心にながめてるもんだから、猫が子猫の片目をなめ忘れでもしたら、本気で腹が立ってしまうんだが! エミリー・ブロンテ/田中西二郎訳『嵐が丘』より引用
  • あなたがひとりですわっているとき、その前の絨毯じゅうたんの上で親猫おやねこが子猫をなめてるとしてご覧なさい。 エミリー・ブロンテ/大和資雄訳『嵐が丘』より引用
  • 猫派は子猫が危険になったら親猫が子猫の首をくわえて移動するのに対し、猿派は小猿が危険になったら小猿が親猿に飛びついて移動する、つまり神にすべてを任せるか、あるいは個人の努力も必要かということである。
  • その声は、猫が子猫に呼びかけるときだけにかぎって出す声で、にゃあと震えるようにやさしい、それこそ、まぎれもない愛撫の声である。 ハーン/平井呈一訳『骨董』より引用