狭苦しい

全て 形容詞
454 の用例 (0.02 秒)
  • と計画した当初は、その狭苦しい流しの中で全身を洗うつもりであった。 原田宗典『27』より引用
  • この狭苦しい場所で、二十四時間あまり、私達六名は暮したのであった。 原民喜『夏の花』より引用
  • 狭苦しい応接室のドアをノックする音がして、刑事の一人が顔を出した。 赤川次郎『黒い森の記憶』より引用
  • 申し訳程度の狭苦しい通路の両側に三人掛けの座席シートが十列並んでいる。 菊地秀行『吸血鬼ハンター13 D-邪神砦』より引用
  • この狭苦しい場所で、二十四時間あまり、私達六名は暮したのであつた。 原民喜『夏の花』より引用
  • 彼はそこの、男の靴音がいつも聞えている、狭苦しい台所が好きだった。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 中巻』より引用
  • 文学の独自性といふものは、そんな狭苦しいところにあるのではない。 岸田国士『強ひられた感想』より引用
  • 店の向かって右の狭苦しい入口からすぐに二階へ上がるのであったかと思う。 寺田寅彦『中村彝氏の追憶』より引用
  • 狭苦せまくるしい室内は暗く、ALFからの緑色の光が照明の代わりをしている。 秋山瑞人『E.G.コンバット』より引用
  • いつまでも老人を狭苦しい空間にひとりにしておくのは、よくない。 花村萬月『ゲルマニウムの夜 王国記』より引用
  • さすがに二人もいると狭苦しくは感じるものの、身を縮めるほどではない。 白瀬修『おと×まほ 第02巻』より引用
  • こんな狭苦しい境内の小さな神社が、大相撲とどう関係があるのだろう。 もりたなるお『金星 相撲小説集』より引用
  • そこは三人分のシートが置かれただけの狭苦しい部屋だった。 はままさのり『青の騎士 ベルゼルガ物語 1』より引用
  • かれは狭苦しい四段の寝棚のいちばん下に寝ていたのだ。 ハインライン『地球の緑の丘』より引用
  • 古いし狭苦せまくるしい部屋へやなのだが、それでも帰りつくのが待ち遠しかった。 賀東招二『フルメタル・パニック!08 燃えるワン・マン・フォース』より引用
  • たとえ狭苦せまくるしく、勝手に立ち上がれないような場所にいたとしてもだ。 喬林知『今日からマ王 第14巻 「やがてマのつく歌になる!」』より引用
  • お前のめならどんな狭苦しい家に住んでも、どんな不自由でも我慢をする。 谷崎潤一郎『痴人の愛』より引用
  • 自分一人しかいないのに、自分だけじゃない狭苦せまくるしい気配がある。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常③』より引用
  • 彼の存在は殻の中の卵のように、この狭苦しいプログラムから一歩も外へ出ない。 チェーホフ/小笠原豊樹訳『チェーホフ短編集「決闘」』より引用
  • 狭苦しい一室で、例の男が事務所に使っていることが明らかだった。 イネス/池央耿訳『ベルリン空輸回廊』より引用
  • 次へ »