独特の光沢

28 の用例 (0.00 秒)
  • その独特の光沢や色彩をぼんやり眺め歩いたり、靴屋で皮を見たりする。 五木寛之『風に吹かれて』より引用
  • 萌黄色の独特の光沢を持ち、絹に比べて軽くて柔らかいのが特徴である。
  • 独特の光沢こうたくを持つ杏子のスポーツカーが、駐車場奥の一角に停まっていた。 三雲岳斗『レベリオン 第04巻』より引用
  • この表面に塗った膠が出す独特の光沢から別名「光人形」とも呼ばれている。
  • その花弁に独特の光沢があることで知られている。
  • フレンチポリッシュは家具などの木材に独特の光沢を与える高等な技術である。
  • 漆を塗り重ねた箸には独特の光沢があり慶事などに用いられる。
  • なにより腰にるした二本の長剣のうちの一本は、確かに、あの秘密の品々の特徴とくちょうである不可思議な金属の独特の光沢こうたくを帯びている。 久美沙織『ドラゴンクエスト5 第2巻 文庫版』より引用
  • エナメルの独特の光沢は月光のように輝いている。 牧野修『だからドロシー帰っておいで』より引用
  • また紙幣には用紙の耐久性を高める目的で表面にある種の樹脂を塗布しているため、表面に独特の光沢感が見られる。
  • 表面はめっき合金の結晶粒による模様が視認できる大きさに発達しており、独特の光沢を有している。
  • 禍斗の外見は普通の犬と同じであるが、禍斗の体毛は黒色であり独特の光沢を帯びている。
  • 神代杉じんだいすぎには独特の光沢があり、工芸品の素材として珍重される。 浜崎達也『絶対少年 ~神隠しの秋~穴森 携帯版小説 第01 06章』より引用
  • 独特の光沢を持ち、古来より珍重されてきた。
  • 葉は互生、表面は深緑色で独特の光沢がある。
  • 表面に現れる反射光は金色を呈し、コーティングクリスタル独特の光沢を有す。
  • 緑色の釉薬は松代焼独特のもので、銅を混ぜることによって陶土と反応させ、独特の光沢が生まれるといわれる。
  • 最近は、カーボン・アルミ素材の性能向上や、カーボンバックなどのハイブリッドフレームに押され、市場としては縮小傾向にあるが、独特な乗り味と独特の光沢などが中高年者を中心に一定の支持を受け続けている。
  • そこの土にはこわれた陶器がまじっていたが、それには、ギリシアの壺に特有の美しく反った形も、色とりどりに描かれた装飾も見られず、灰色または白、赤または黄の一色を残した面を一様に覆っている独特の光沢だけを唯一の飾りとする容器だった。 シュリーマン/関楠生『古代への情熱』より引用
  • 全身タイツは、タイツ生地やレオタード用の生地で作られるため、独特の光沢が生まれる。
  • 次へ »

独特の光沢 の使われ方