独擅場

全て 名詞
115 の例文 (0.00 秒)
  • これに参加するために入学する者も多く、その性質から電気・電子・機械系の独擅場である。 ...
  • ギリシャ語詩・ラテン語詩の領域はほとんど彼の独擅場であった。 ...
  • 昭和初期の日本国内は、GMのシボレー車とフォード車の独擅場だった。 ...
  • またそれまでイスラム商人の独擅場であった海洋航路にも宋商人が進出する。 ...
  • ここからがいよいよ恩田木工の独擅場どくせんじようなので、全文を引用してみよう。 ...
  • この手の話なら彼の独擅場どくせんじようである。
  • レースではゼニヤッタの独擅場となり、最後に着差を縮めることが精一杯であった。 ...
  • 特に中・高出力型の電柱頂上へアンテナ設置するタイプはアステルの独擅場であった。 ...
  • しかも今度は為兼が失脚したので為世の独擅場である。 ...
  • この後何年間かは、女子800mはムトラの独擅場となった。 ...
  • 決勝のレースは、アメリカ選手の独擅場となる。 ...
  • これからが彼の独擅場どくせんじようであった。 ...
  • 従って三菱などの関り知るところでなく、最初から鈴木商店の独擅場どくせんじようであった。
  • 航行する船もなく、遊泳者もいない海域は、ジェットスキーの独擅場どくせんじようである。 ...
  • その分、この話の主人公およびその他の脇役の活躍は少なく、特にルパン登場以降はルパンの独擅場となっている。 ...
  • むしろ民間大型貨物機部門ではこれに対抗する他社の新型機は存在しないため、ボーイング社の独擅場となる可能性が高い。 ...
  • このようないきさつで、他に家老はいても、仙台の藩政は奥山の独擅どくせん場となった。 ...
  • 次へ