狡猾な男フージャ

17 の例文 (0.00 秒)
  • 狡猾な男フージャというやつがおれたちの部落を攻略して一族のものを奴隷にしたというのだ。 ...
  • 「狡猾な男フージャはな」と、彼は私の方をちらちらと見ながらつづけた。 ...
  • すぐに彼らはわたしのそばに姿を見せたが、狡猾な男フージャがいっしょなので、わたしは驚いてしまった。 ...
  • 話を聞いてみると、狡猾な男フージャとかいうやつがおれたちの村を乗っ取って、一族の者を奴隷にしたという。 ...
  • その二人というのはあの真暗な洞窟の中で狡猾な男フージャとともに脱走した奴隷であり、女はダイアンにちがいないと思ったからだ。 ...
  • だが彼女は狡猾な男フージャなど眼中になく、いわんや耳を貸そうともしなかった。 ...
  • そして捕虜多数を捉え、百人近い奴隷を取り返したが、なんとその中には狡猾な男フージャがまじっていた。 ...
  • ときには、ダイアンが狡猾な男フージャの慰みものになっていると考えるよりは、むしろ彼女がこのプートラにいてくれたほうがましではあるまいかと思うこともあった。 ...
  • わしは狡猾な男フージャがなんらかの形でこんどの事件の裏で糸を引いているものとにらんで、アモズへ行こうと思いたった。 ...
  • 驚いたことに、狡猾な男フージャもいっしょだった。 ...
  • ところが、彼女は〈狡猾な男フージャ〉には目もくれず、ましてや耳を貸そうともしなかった。 ...
  • われわれはしばしのあいだ追撃して多数の捕虜を捕え、百人近い奴隷を救い出したが、その中には狡猾な男フージャがまじっていた。 ...
  • 「狡猾な男フージャは」と、いまは、わたしの後ろにつながれているガークがつぶやいた。 ...
  • それとも狡猾な男フージャは、ダイアンをかどわかそうという不埒ふらちなたくらみに成功したのだろうか? ...
  • ガークの前には〈狡猾な男フージャ〉がつながれていた。 ...
  • ガークの前には『狡猾な男フージャ』がいた。 ...