狙仙

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 国から持ってきた「狙仙」の軸を金に代えようとして行くのである。 ...
  • 周峰の子の森徹山は狙仙の養子となり、後に円山応瑞と縁組している。 ...
  • 正盈については詳らかでないが、狙仙の師勝部如春斎の画友だった。 ...
  • 狙仙そせんの作のごときはもう職工的が大部分でありまして、芸術的にはわずかに触れているに過ぎないというようにいってもよいのであります。 ...
  • 後に狙仙は如春斎に弟子入りしたとされるが、それもこうした師弟の繋がりからだろう。 ...
  • 祖の狙仙が猿の毛書きに代表される細密な描写を得意としたのに対し、一鳳は色彩の濃淡を用いて面的に対象を描写するのを得意とした。 ...
  • 還暦を迎えた文化4年にそれまで「祖仙」としていた号を「狙仙」と改める。 ...
  • 自らは狙仙の子の森雄仙を跡取りとしたが、この雄仙は画才に優れなかったらしく、作品は特に知られていない。 ...
  • 猿の絵に専心した弟狙仙とは対照的に、画風は甘美で画域は広く構図も全体的によくまとまっている。 ...
  • 狙仙の勧めで、晩年の円山応挙について画を学び、寛政7年の大乗寺障壁画制作では、わずか21歳で小画面ながら『山雀図』を描いている。 ...
  • 陽信は弟たちに比べると画名が劣っていたらしく、文化4年に出た番付表「浪華画人組合三幅対」では周峰、狙仙、森春渓、森雄仙らの名はあるが、陽信の記載はなく、現存する作品も少ない。 ...
  • 寛政2年徹山16歳時の『浪華郷友録』では、森周峰、森狙仙の次に徹山の名も記載されており、既に狙仙の養子となり、名の知られた絵師だったことがわかる。 ...
  • 柔らかな体毛の質感を表現する技術、個々の猿の生き生きとした表情やユーモラスな仕草を描く構成力、巧妙な擬人化による親しみやすさなど狙仙ならではのものである。 ...
  • 画風は実父・周峰から学んだ狩野派と、養父・狙仙ゆずりの動物写生に円山派の写実を加味し、中心的画題を包み込む雰囲気の描写に意を凝らし、情緒性に富むのが特色である。 ...
  • 主に花鳥画、特に孔雀を得意とし、「若冲の鶏」「光起の鶉」「狙仙の猿」などと並んで、「秋暉の孔雀」と評される。 ...