狙う

全て 動詞
4,893 の用例 (0.02 秒)
  • 彼は岩の上にライフルを構えて、進んでくる先頭のオートバイを狙った。 ニーヴン&パーネル『悪魔のハンマー〔下〕』より引用
  • 彼と初めて会ったのは、ナギがまだ死神で、神名の命をねらっていたころだ。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 3』より引用
  • 水蛭子は近づいてくる美邦を爪の届く範囲に入るまでじっと狙っていた。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • 子供の目にも、明らかに彼女の兄の帰宅をねらっているのだと思われた。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • と、その時を狙ったように、背の高い、日焼けした若い男が席を立った。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『15 スラッシュ株式会社』より引用
  • レベルが低いころは、剣の腹をねらわれ、たたき折られたことが何度もあった。 川原礫『アクセル・ワールド 10 -Elements-』より引用
  • 倭建は競争相手や倭建の存在を眼の上のこぶと考える反対勢力に狙われた。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 6 終焉の巻』より引用
  • 犯人が警察に捕まらない限り、いずれは僕も命を狙われるかもしれない。 乾くるみ『リピート』より引用
  • 若者の家族の悲しみも、自分の狙う男の家族のそれも同じことではないか。 野坂昭如『てろてろ』より引用
  • 狙ってるやつがいるとしても、狙われてるのはぼくだけかと思ってたんだ。 ハル・クレメント『一千億の針』より引用
  • その彼等に馬を狙えという命令はなんとしてもしかねることであった。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用
  • もう一機の黒ずくめの機関銃が、自分をねらっていることに気づいたからだ。 三雲岳斗『レベリオン 第04巻』より引用
  • となりの護衛艦から轟音ごうおんを立てて、そんな彼女をねらって砲が発射された。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第11巻』より引用
  • さらに奇妙なのは、氷がまるで人間を狙って落ちてくるように見えることだ。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • もしや事に依ったらば紅矢様を狙っているものは宝蛇ではあるまいか。 夢野久作『白髪小僧』より引用
  • 現実に夏希の土地も、何者かに狙われているような気がするのであった。 南里征典『武蔵野薔薇夫人』より引用
  • 誰に金をもらっておれの命を狙ったんだ、という日本語はわかるか? 勝目梓『抱け、そして撃て』より引用
  • わたしは自分がねらった方向がそう大きくははずれていないという確信を抱いた。 五條瑛『冬に来た依頼人』より引用
  • 次を狙う者としてはじりじりするほど長い時間を待たされたことになる。 山藍紫姫子『色闇』より引用
  • そう云うのが、相手を一そうじらせる効果を狙っているのかとも思われた。 石坂洋次郎『陽のあたる坂道』より引用
  • 次へ »