狙う鷹

14 の用例 (0.00 秒)
  • 道に無数に開いている穴に注意しなくていいし、積荷つみにねらタカやトンビの心配もない。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅵ』より引用
  • 獲物を狙う鷹のような目でコルのことを見ていたことにもちろんホロも気がついていたはず。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅷ 対立の町<上>』より引用
  • 目に見えぬ翼をはばたかせるごとく、その降下ぶりは、獲物えものねらたかに似た。 柴田錬三郎『決闘者 宮本武蔵(中)』より引用
  • 越軍は、獲物を狙う鷹のように、織田勢の背後に迫っていった。 咲村観『上杉謙信人の巻』より引用
  • ワイン色の深い瞳が、獲物えものを狙うたかの目のように鋭い輝きを帯びる。 吉野匠『レイン5 武闘会、開幕』より引用
  • その目は、獲物を狙う鷹のように鋭く、周囲に睨みを利かせている。 藤咲淳一『攻殻機動隊 凍える機械』より引用
  • 天空の果てから獲物えものねらたかでも、彼女の動きはとらえられない。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録03 泥を操るいくじなし』より引用
  • 獲物えものねらたかの目と表現してもいい。 沖田雅『先輩とぼく 01』より引用
  • 乙女さん目が獲物を狙う鷹のような目になる。 きゃんでぃそふと『つよきすACT A』より引用
  • ジュゼットの青い目もまた、獲物を狙う鷹のように輝いていたが、ルンバックは気付かない。 五百香ノエル『Knight and Cherry』より引用
  • 目つきの異様なずるどさは、獲物えものねらたかのようだ。 新城十馬『蓬莱学園の初恋!』より引用
  • その姿をひと眼見たとき矢代は、あの獲物を狙う鷹のような露骨な眼つきはとうてい日本人の自分には出来そうもないと思い、外人のピエールなら或いはそれが難なく出来るのかしれぬと想像され、時間の進行につれだんだん千鶴子の身辺が危かしく気遣われて来るのだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 目まぐるしくれる肉体の中で、殷雷の目は獲物えものねらたかのように、斉願をとらえたままだった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編01 くちづけよりも熱い拳』より引用
  • 人生のチャンスを掴み取ろうとする男のひたむきな姿を、獲物を貪欲に狙う鷹の姿になぞらえて男の硬派な生き様を描きます。

狙う鷹 の使われ方