狙う猛禽

7 の用例 (0.00 秒)
  • それはまるで、獲物を狙う猛禽類もうきんるいの眼のようだった。 西尾維新『化物語(上)』より引用
  • 獲物を狙う猛禽もうきんのごとく、上空でケデメルの動きを監視している。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ10 ダイロンの聖少女』より引用
  • 獲物えものねら猛禽類もうきんるいのようにおじゅう凝視ぎょうししながら言う。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第03巻』より引用
  • 尾翼がわずかに上がっているのが、なにか獲物を狙う猛禽もうきんを連想させて、ひどく不気味な感じだった。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • 草原を這うように飛んでいたサラマンダーの先頭部隊が、一気に高度を取り、ウサギを狙う猛禽のように長大なランスを構えてぴたりと静止した。 九里史生『SAO Web 02』より引用
  • 鳥類園や葛西海浜公園の東なぎさは渡り鳥の休憩場所になっていて、沖合の浅瀬を餌場にする野鳥やそれを狙う猛禽類も飛来する。
  • 獲物を狙う猛禽類の酷薄な眼光を思わせる。 山田智彦『銀行 男たちの報酬』より引用

狙う猛禽 の使われ方