狙う場合

26 の用例 (0.00 秒)
  • 三元役を狙う場合、副露はできれば一種類のみに留まるのが理想である。
  • ハイスコアを狙う場合は、かなりの持久力が必要とされるモードである。
  • ただし遠方を狙う場合はこれより長くすることもある。
  • 水平基調のフォーマルで落ち着いたスタイルを狙う場合に採用される。
  • 猛禽類は家畜や家禽を狙う場合があり、害鳥扱いされる場合がある。
  • 特に大型の動物を狙う場合はなおさらである。
  • 他の2翻役と比較して難易度が高い上に、成立したとしても門前の場合は役満である四暗刻への移行を狙う場合もあるため、翻数が低い割に出づらい役である。
  • ユーザーが最初に選んだ属性限定のお土産も存在するため、コンプリートを狙う場合は他のユーザーと協力する必要がある。
  • クルーザーなどの小型船舶においては、クーラントの代わりに船外の海水や淡水を導入してより高い放熱効果を狙う場合もある。
  • これは、無死や一死なら送りバントという別の手段の方が用いられやすいこともあるが、通常二死一塁から打撃のみで得点を狙う場合は単打2本か長打1本が必要であり、それよりは盗塁死の危険があっても盗塁と単打の実現可能性の方が高いということが理由として挙げられる。
  • また、猛龍が成るのも「自分より格の低い駒を敵味方問わずいくらでも飛び越えて、その飛び越えた間の駒を一度に取り除く」という機能を失うなどデメリットが非常に大きいので、成るべきケースは詰みを狙う場合などかなり限定されてしまうであろう。
  • なお、ツモっても高めを狙う場合は、ツモった牌を伏せて捨て、さらにツモることが出来る。
  • また、若手が明らかに格上の相手に挑戦するときなど、はじめから丸め込みを狙う場合や、どんな相手にも丸め込みを仕掛けるレスラーもいる。
  • 作戦遂行自体は、スコアを気にせずプレイした場合比較的容易であるが、Sランクスコアを狙う場合は非常に難易度が高いミッションが多い。
  • 自動的に糸が巻き上げられるために、特に大きな仕掛けや数百mの深海を狙う場合などは従来の両軸受けリールに比べ圧倒的に体力負担が減るほか、その快適性から現在多くの船釣りでもよく使われるようになった。
  • また、狙撃のリアリティーを出すため、難易度調整によっては重力による弾道の低下や横風による着弾点の横ずれも反映されており、加えて移動中の標的を狙う場合は相手の移動速度に合わせて照準を調整する必要も出る。
  • なおブリッジが崩れた場合は、そのまま倒れこみ式バックドロップ・ホールドに切り替えてフォールを狙う場合がある。
  • また、米国の一部では、フライラインとリーダーの間にオモリを介し、コーホーサーモンを専門に狙う場合もある。
  • この工法では、塗布する骨材に赤色等の目立つ着色を行うことによって、視覚的な注意喚起を狙う場合も多い。
  • IN、EX側双方のバルブタイミングを変化させることでバルブオーバーラップも変化させられるようになり、場合によってはカム山の頂点の位相自体をノーマルよりも大きくずらしてさらなるプロフィールの変化を狙う場合もある。
  • 次へ »