狙う刺客

11 の用例 (0.00 秒)
  • 真王ヨジェの命をねら刺客しかく多様たようさが、それを証明しょうめいしていた。 上橋菜穂子『獣の奏者 Ⅰ 闘蛇編』より引用
  • 演説会会場の大正座の客席には、水野の命を狙う刺客が潜んでいた。
  • そのノワールを狙う刺客の襲撃を受け、リィファは事件に巻き込まれてしまう。
  • 清家は自身と黒河内の命を狙う刺客の襲撃から助けられたことを契機に、彼の力を借りつつ独自に事件の真相を追うようになる。
  • いつも王妃の傍にいる侍女として顔は見知っているだろうが、この清楚な娘が実は男だということも、以前は王妃の命を狙う刺客しかくであったことももちろん知らない。 茅田砂胡『ポーラの休日 (扉最適化)』より引用
  • 主人公の命を狙う刺客との戦いを交えつつも、基本的には騒動の巻き起こる日常の風景を描いており、各々のエピソードが1話ごとに完結する形式である。
  • だが視点を変えてみれば、真由を狙う刺客たちにとってもまたとない好機こうきと言える。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 07』より引用
  • 連載が進むとともにカワンチャさんが魔界の姫であることが判明し、カワンチャさんを狙う刺客のカタキラウワやカワンチャさんの護衛に来たキュクロプスが登場して、二人の生活はますます賑やかになっていく。
  • 業を煮やした降伏派の遠藤文七郎は帰宅中の主戦派の松本要人を狙う刺客を送ったが、松本が城内に留まったためにこれを逃れた一幕もあった。
  • 事実は、そうではなく、藤掛三河守永勝を輿添こしぞえとして、二十数人の侍女をつき添わせて送り届けて来た四挺しちょうの輿の中には、信長の首級しゅきゅうを狙う刺客をひそませていたのである。 柴田錬三郎『(柴錬立川文庫1) 猿飛佐助』より引用
  • 将来、医学界を揺るがす大発明を行うマサトの命を狙う刺客が未来世界から6体送り込まれ、マサトの目の前で消失したルミナ4は5体目の人造人間なのだという。